インテルがミランとの天王山制す 指揮官も「完璧」

インテルがミランとの天王山制す 指揮官も「完璧」

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/22
No image

20-21イタリア・セリエA第23節、ACミラン対インテル。勝利を喜ぶインテルの選手(2021年2月21日撮影)。

【AFP=時事】20-21イタリア・セリエAは21日、第23節の試合が行われ、インテルはラウタロ・マルティネスの2ゴールとロメルー・ルカクの1得点で、ACミランとの天王山を3-0で制した。

ジョゼ・モウリーニョ元監督の下で初の3冠を達成した2009-10シーズン以来のリーグ制覇を目指し、2位につけるライバルとの勝ち点差を4にまで広げた首位インテルのアントニオ・コンテ監督も、「完璧」なプレーを見せたとチームを称賛している。

好調のルカクは、マルティネスが5分に決めた先制点をクロスでお膳立てし、57分に奪った追加点に絡むと、さらにチームの3点目となった自身今季17点目をマークし、得点ランキングで首位に立った。

古巣ユベントスの10連覇を阻止しようとしているコンテ監督は「選手たちのおかげ。驚くべきパフォーマンスを見せ、完璧にやり遂げてくれた」とコメントした。

一方、2010-11シーズン以来のスクデット(リーグ制覇)を目指すミランは、今季リーグ戦で初の連敗を喫した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によりこの試合は無観客で開催されたが、サン・シーロの周りには数千人のファンが押し寄せた。

ミラノダービーが行われるのはこれが今シーズン3度目。リーグ戦での最初のゲームはミランが2-1で白星を挙げ、2度目の対戦となったイタリア杯準々決勝ではインテルが同スコアで勝利したが、この一戦はズラタン・イブラヒモビッチとルカクの衝突と激しい言葉の応酬に水を差される形となった。

スタジアムには入場できなかったものの、サポーターたちは旗を振ったり歌ったり、発煙筒をたいたりしながらチームバスの到着を待っていた。

同日に行われた他の試合では、3位につけるASローマが敵地で15位ベネベントと0-0で引き分けた。これにより、暫定ながら首位に11ポイント差をつけられ、22日に最下位クロトーネと対戦するユベントスは、3位に浮上するチャンスを手にした。

ローマは2位ミランと5ポイント差となっており、週末には直接対決を控えている。

また、アタランタは同じく4位を争っているナポリを4-2で下している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加