藤ヶ谷太輔、メンバーに主演映画のチケットをプレゼント 「恥ずかしさもあり不思議と敬語になっちゃった」

藤ヶ谷太輔、メンバーに主演映画のチケットをプレゼント 「恥ずかしさもあり不思議と敬語になっちゃった」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

(左から)中尾明慶、藤ヶ谷太輔、前田敦子 (C)エンタメOVO

映画『そして僕は途方に暮れる』公開御礼舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、前田敦子、中尾明慶と三浦大輔監督が登壇した。

【写真】(左から)中尾明慶、藤ヶ谷太輔、前田敦子、三浦大輔監督 (C)エンタメOVO

本作は、2018年に上演され、評判となったオリジナルの舞台を、三浦監督と主演の藤ヶ谷が再びタッグを組んで映画化。

平凡なフリーターの菅原裕一(藤ヶ谷)が、ほんのささいなことから、あらゆる人間関係を断ち切り、逃亡する姿を描く。

公開から約10日が経過。藤ヶ谷は「宣伝部の方が、皆さんが送ってくれた感想を紙にしてまとめてくれた。『こういう藤ヶ谷太輔を見たことがなかった』といったファンの方の声はもちろん、僕の芝居を初めて見た方の、『こういう演技ができるんだ』といった感想もすごくうれしかった」と話した。

本作については、初めてグループのメンバーに出演作のチケットを渡したという。藤ヶ谷は「恥ずかしさもあるし、自分の挑戦を見届けてもらいという思いがあった。『今、映画やっているのでよかったら見てください』と不思議と敬語になっちゃって…」と笑顔で振り返った。

三浦監督は、何度もテイクを重ねる厳しい演出で知られる。裕一の親友を演じた中尾は「甘いか厳しいかで言うと、厳しい。でも、ここまで自分のお芝居と向き合って、磨いて、責任を持って世に出してもらえる経験って、この先どれだけあるか分からない。僕ら役者はしごかれたらしごかれた分、きっといいお芝居をしていると思う」と明かした。

前田も「三浦監督は愛のすごい方。舞台のときに、自分の感情が整理できなくなって大泣きしてしまったことがあった。初めての経験だったけど、そこで人前で感情を出したり、話したりすることを学んだ。芝居をする上での節目にもなった作品なので、映画になって多くの方に見てもらえることが幸せ」と語った。

最後に藤ヶ谷も「僕はアイドルもしているけれど、一生懸命神経を注いで、芝居に向き合う、そういった俳優の一面で勝負していくことも、これから大事にしていきたい。三浦さんには俳優としての道、幅を広げていただいたと思う」と感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加