2970円の「しまむら」ガジェットバッグにスマホが25台入ってしまった

2970円の「しまむら」ガジェットバッグにスマホが25台入ってしまった

  • Engadget
  • 更新日:2021/05/04
No image

今から2年ほど前に紹介した、衣料品ストアチェーンの「ファッションセンターしまむら」で販売されたガジェットバッグ「コーデュラミニショルダー」を覚えていらっしゃる方はおりますでしょうか。

2900円で買った「しまむら」のガジェットバッグが驚異の収納力を発揮(2019)

スマホやタブレットにモバイルPCといったガジェット類をいくつも同時に持ち歩くことができ、高品質で上部、それでいて安価に販売されていた非常に優れたガジェットバッグでした。

そんな「しまむら」のガジェットバッグですが、先日なんとなしに「しまむら」を訪れた際に新作のガジェットバッグ「多収納2WAYショルダーバッグ」を発見、即ゲットしましたので、早速紹介したいと思います。

今回も驚きの収納力をで、ガジェット好き大満足となっています。

〇「しまむら」らしい安くて高品質な逸品

No image

多収納2WAYショルダーバッグ(税込:2,970円)

「多収納2WAYショルダーバッグ」は「ファッションセンターしまむら」などのしまむら系列の衣料品店で販売されている、ガジェットバッグで、先代モデルの「コーデュラミニショルダー」同様にいくつものガジェット類をまとめて持ち運べるのが特徴です。

その名前通りの2WAY仕様で、手提げと肩掛けのどちらでも利用が可能となりました。(肩掛け用のベルトは取り外し可)

「しまむら」の製品らしい丁寧な縫製で質感も上々。また、今回も生地の表面は撥水加工されており、ガジェットユーザー的には嬉しいところです。

バッグの大きさは先代の「コーデュラミニショルダー」と比較して一回り大きくなり、ファスナータイプのポケットが増加。さらにやや薄手ながら、クッション材が入れられており、持ち運び時の安心度はさらに向上しています。

No image

先代のしまむらバッグ(左側)よりちょっとだけ大型化

〇圧倒的な収納力でたっぷり入る!

それでは、さっそく多収納2WAYショルダーバッグの収納力をチェックしてみましょう。

まず最前面外側に横向きで小型ファスナーポケットがあります。こちらにのポケットは小さめで、折り畳みケータイやUSBメモリ、USBケーブル類などが収まるくらいのものとなっています。

No image

小物を入れるのにちょうどいいくらいの横向きポケット

背面側にはファスナーなどので止めるもののない薄めのポケットがあり、8インチ台のタブレットが1枚くらいであれば問題なくを入る程度の大きさがあります。

No image

サクっとタブレットが取り出せるので思った以上に使いでがあります

メインのファスナー収納は全部で4つで、1列目には4:6くらいに分けられた2つの収納スペースがあります。

左側はスマホであれば、6〜7インチ程度のファブレット級スマホが縦に2、3台くらい入るポケットとなっています。それ以外のものを入れるのであれば、コンパクトデジタルカメラくらいがちょうどいいサイズ感です。

No image

スペック高めのコンパクトカメラなどに丁度いいサイズ感。一般的なスマホなら2〜3枚は入ります

1列目右側のポケットは左側のポケットと比べて余裕のある幅となっており、6〜7インチくらいのUMPCでも問題なく収納可能です。絶妙な大きさと使い勝手の良さになっており、思った以上に色々となものが入れられるようになっています。

No image

幅のあるスマホを入れても良し、モバイルPCを入れて実用性を高めるのも良しです

2列目のファスナー内にはスマホが収納可能なポケットが2つ、メッシュ状で中身が確認可能なファスナーポケットと、さらに小物類を入れておくことの可能な収納ポケット(こちらもファスナーあり)が1つあります。

No image

2つのファスナーポケットにはケーブルやUSB充電器、USBドングルなどの小物類やペンなどを入れるのにぴったり

そして、3列目のファスナー収納にはさらにスマホが入るポケットが2つと大きい収納スペースがあります。

この収納スペースですが、10.1インチ級のタブレット端末でも2〜3枚くらい入ってしまうほどの広さと厚みがあります。シェル閉じ時の大きさにもよりますが、8〜9インチ級のモバイルPCを入れたり、タブレットとモバイルキーボードを格納するいったことも可能です。

ちなみにこの広いエリアにスマホを入れるだけ入れた場合、3列×3台+ポケット2つで実に11台ものスマホをこの収納スペースに搭載ができます。

タブレットを入れるのであれば、タブレットスタンドをスマホ用ポケットに入れるというのも良いと思いますよ。

No image

この広い収納スペースがこのバッグの大きな魅力の一つ。大きな得物を入れるも、たくさんのガジェットを放り込むもお好みのままに

一つだけ惜しいと思った点は全ての収納ポケットがファスナーとなってしまった点です。

先代のコーデュラミニショルダーは最前面のポケット2つがマグネットで留めるタイプで、スマホなどの取り出しが非常に楽だったのですが、今回の多収納2WAYショルダーバッグはマグネットのポケットがないので、少しだけスマホの取り出しに手間がかかるようになってしまいました。あくまでも、個人的な感想なのではありますが。

逆に良かった点としては、前述していますが、製品名の通り、手提げにも肩掛けのショルダーバッグとしてのどちらでも利用可能となった点です。付属の肩掛けベルトを自由に付け外しできるので、シーンに合わせて使い分けができます。

No image

肩掛け用ベルトは自由に付け外しできるので、自身にあった使い方でどうぞ。もちろん、自身のお気に召したものを用意して使うのもいいでしょう

〇使い方の例

先代のコーデュラミニショルダーよりも一回り大きくなったことにより(それでも小さめですが)、搭載できるガジェットの種類や組み合わせの自由度がさらに高まったため、使い方次第でさらに便利になりました。

そこで、筆者の提案として2種類ほど利用パターンを提案してみます。

パターン1:搭載する端末の種類を重視した搭載例

スマホやケータイを単にたくさん入れるのではなく、モバイルPCやスマホ、タブレットなどをバランスよく搭載してみた実例。(内訳:モバイル向け小型PC×2台・10.1インチタブレット・コミュニケーターデバイス・スマートフォン×4台・折り畳み携帯電話・USBデータ通信ドングル・折り畳みタブレットスタンド・コンパクトデジタルカメラ・モバイルバッテリー・USB充電器・USBケーブル×2本・トラベル用Wi-Fiルーター)

No image

前列にコンデジと幅広なスマホ、2列目に充電器やモバイルバッテリーの小物類とポケットにはサブのスマホ、そして3列目にはUMPCにタブレットと折り畳みスタンドと、用途と内容を列ごとに分けた使いやすさ重視の搭載例

パターン2:収納力の限界に挑戦、スマホをひたすら詰め込む

若干、ネタになってしまいますが、「これだけの端末を一度に持ち運べる!」を誇示するのが主な目的。ガジェット好きのオフ会などでこのバッグを使うならこれです。(内訳:スマホ×25台)

とにかくあらゆるスペースにスマホを入れるとこれだけのスマホを一度に載せることができます。詰め込んだ後の重量とか常軌を逸しているとか、そういう些細な事は気にしてはいけません

スマホを一度に25台も詰め込める!というよりもあまりにも一度に多くのスマホが入ってしまったため、今回の画像撮影のために、既に使っていないコレクションのスマホを引っ張り出しています。

いっぱいに詰め込んだ時の収納力の大きさは圧巻で、先代のしまむらガジェットバッグ「コーデュラミニショルダー」を大きく上回る数のガジェットを持ち歩くことが可能です。

No image

先代のコーデュラミニショルダー(画像=左)と比べたところ。先代のバッグは一般的なスマホであれば13台収納可能ですが、今回の多収納2WAYショルダーバッグは25台も収納できており、大変に強まった感がわかります

今回の多収納2WAYショルダーバッグは本体価格が3,000円以下と安価ながら、優れた収納力と耐久性などが魅力となっており、ガジェット・モバイル端末好きなら是非、一度手に取ってみてほしい、オススメなアイテムですよ!

河童丸

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加