最優秀賞「おはよう通信」アプリ開発競技会SPAJAM2022

最優秀賞「おはよう通信」アプリ開発競技会SPAJAM2022

  • リセマム
  • 更新日:2022/11/28
No image

最優秀賞チーム「JAPAN DRY」

もっと画像を見る

モバイル・コンテンツ・フォーラム主催のアプリクリエイター競技会である、「SPAJAM2022」の本選が、2022年11月19日から21日にかけて長崎あぐりの丘高原ホテルにて開催された。最優秀賞をはじめとする各賞の発表と賞品の授与が行われた。

東京医療保健大、公開講座「子供のメンタルヘルス 」12/10

「SPAJAM2022」本選では、「国際交流」というテーマのアプリを、24時間で開発するハッカソンを開催した。9チーム(42名)とオブザーバーの1チーム(5名)が参加した。審査委員会による厳正なる審査により、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞、長崎賞、ファイナリスト賞、参加賞の発表と賞品の授与が行われた。

最優秀賞は、「JAPAN DRY」チームの黒木菜美さん、村田大夢さん、小松崎迅斗さんが、「おはよう通信」アプリで受賞した。「おはよう通信」は、毎日のアラーム設定時に別の国の人へおはようメッセージを送ることで国際交流のきっかけを作るアプリ。日々のアラーム設定の習慣をそのまま国際交流のためのアクションにすることで、気楽に国際交流を始めることが可能になる。

少人数のチームではあったが、API GatewayとLambdaを使用したサーバーレスな構成をとる等工夫をし、限られたリソースでクオリティの高いアプリを実装。シンプルでわかりやすいコンセプトであり、普段から使いたいアプリであると審査員から実用性を高く評価された。

優秀賞は、「かゆみひけ」チームの田村克彦さん、足立賢太郎さん、南裕香さん、前口美穂さん、真鍋浩美さんが、「PiCCOM(読み方:ピッコム)」アプリで受賞した。「PiCCOM」は、音声入力した文字をピクトグラムに変換し、楽しくコミュニケーションがとれるアプリ。ピクトグラムは、国ごとに意味合いが違うことから国別に表示する機能や、クイズ機能を搭載している。音声データのテキスト変換でGoogle Cloud Speech-to-Text APIを使用。言語の壁という国際交流における課題をピクトグラムによって解決し、新たなコミュニケーションとして活用できるエンタメ性が評価された。

優秀賞・長崎賞は、「お久しぶり!」チームの七海龍平さん、大村優輝さん、日戸直紘さん、三好良弥さん、永井陽太さんが、「WorldBottle」アプリで受賞した。「WorldBottle」は、瓶に封じて海や川等に流された手紙ボトルメールを、IT技術を駆使して再現したアプリ。ボトルが海上を流れているUIを、経路探索アルゴリズム(RRT)を用いて実装し、到着した場所の国の言語に翻訳するためにGoogle Cloud Translation APIを使用している。ボトルメールが海を流れる再現性や、ボトルメール本来のエモさやワクワク感が評価された。

審査員特別賞は、「Volare Tokyo」チームの岩崎裕輔さん、辻悠一郎さん、鶴見侑樹さん、佐藤彰真さん、藤田志穂さんが、「InterQ」アプリで受賞した。各国の文化に関するクイズを通して自宅からでも海外の人と交流できるアプリ。参加者の出身国の文化に関するクイズや、その答えを補足できる「エピソードトークタイム」を通して、互いの理解を深めることができる、Websocketを活用したリアルタイムなコミュニケーションをはじめ、プレゼンテーション力や高い完成度が評価された。

ファイナリスト賞は、「チーム日本列島」チームの「トピ+プラ」アプリ、「Flutter Lovers」チームの「1kmで始まる!国際交流」アプリ、「ゲーミング温泉」チームの「Groove Connect」アプリ、「ピコピコましまし」チームの「カタコト」アプリ、「T-5」チームの「Matopy」アプリが受賞した。

◆SPAJAM2022受賞の発表
【最優秀賞】
チーム名:JAPAN DRY
アプリ名:おはよう通信
【優秀賞】
チーム名:かゆみひけ
アプリ名:PiCCOM(読み方: ピッコム)
【審査員特別賞】
チーム名:Volare Tokyo
アプリ名:InterQ
【長崎賞】
チーム名:お久しぶり!
アプリ名:WorldBottle
【ファイナリスト賞】
チーム名・アプリ名:チーム日本列島・トピ+プラ、Flutter Lovers・1km で始まる!国際交流アプリ、ゲーミング温泉・Groove Connect、ピコピコましまし・カタコト、T-5・Matopy

芝浦工大、プログラミングやeスポーツ等の公開講座

群馬大学、科学体験教室「チョコレートを科学する」12/17

子供の科学コラボワークショップ「タネヒコーキ」12/18

大田芳恵

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加