川崎宗則 引退福留に「栃木で二刀流を」“引退させません言”の惜別メッセージ

川崎宗則 引退福留に「栃木で二刀流を」“引退させません言”の惜別メッセージ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 中日3-9巨人(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

<中・巨>引退セレモニーでドアラの制止を振り切って引退する福留(撮影・沢田 明徳)

元ソフトバンクでBC栃木・川崎宗則内野手(41)が23日、引退試合に臨んだ中日・福留孝介外野手(45)に対して、動画でのメッセージを寄せた。

「福留孝介先輩、NPB卒業、おめでとうございます」と登場した川崎は、同じ鹿児島の後輩として、PL学園時代から福留に憧れていたと告白し、「本当に大好きなプレーヤーです。2006年のWBCで同じチームで戦ったこと、すごく誇りです。準決勝の韓国戦、孝介さんのすごいホームラン見た時には、“さすが、かごんま(鹿児島)の大先輩”やと、そう思いました。本当に格好よかったです」と胸の内を明かした。

さらに“後輩”は、とんでもない惜別メッセージ。「孝介先輩、NPBは卒業しますが、これから楽しい人生だと思います。是非、栃木に来てください。栃木でゴルフをして、その後、栃木ゴールデンブレーブスでプレーしてください。まだまだ引退させません。引退はもっともっと先で。孝介先輩は引退しません。次は栃木に来てゴルフと野球の二刀流でよろしくお願いします。先輩にまた会えるのを楽しみにしています」と結んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加