阪神・及川は「キング」山川封じで猛アピール 4回1失点「自分もいい方向にいる」

阪神・及川は「キング」山川封じで猛アピール 4回1失点「自分もいい方向にいる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇2軍練習試合 阪神2ー7西武(特別ルール)(2021年2月20日 安芸市営球場)

No image

<2軍練習試合 神・西>初回1死一塁、及川は山村の打球に反応する (撮影・後藤 大輝)

高卒2年目左腕の阪神・及川が成長をアピールした。西武との2軍練習試合に先発し、4回4安打1失点(自責0)。取り組んできた制球、変化球の精度に進歩を見せた。4番で登場した本塁打王2度の山川に対しては第1打席で直球勝負。140キロで三ゴロに仕留めた。

「正直、対戦は怖かった。最後は少し甘かった。結果は出たけど、満足はしてない」と振り返ったが、平田2軍監督には「良かったよ。パを代表する右打者を抑えたんだから。テンポも改善していた」と高く評価された。

くしくも沖縄では同期の西純が同日先発。対抗心を隠すことなく、「今は差があるかもしれないが、自分もいい方向にいる。お互いレベルアップしていきたい」と誓った。

(鈴木 光)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加