三菱・新型軽EV「eKクロス EV」力強い走りと高品質な内装!

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」力強い走りと高品質な内装!

  • LIMO
  • 更新日:2022/11/25
No image

2022年6月16日に発売された三菱の新型軽EV「eKクロス EV」は、SUVテイストの軽自動車であるeKクロスシリーズに新たに設定されたEVモデルです。

今回、三菱は新型軽EV「eKクロス EV」が、カーオブザイヤーを受賞したことを発表しました。

そこでこの記事では、受賞理由と唯一(※1)の軽EVである三菱・新型軽EV「eKクロス EV」の走行性能をチェックしていきます。

※1:軽EVとして日産・サクラもありますが、基本部分を共通化する姉妹車のため、この記事では同じ車とし、唯一と記載させていただきます。

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」2022~2023日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞理由

No image

出所:三菱自動車工業株式会社 公式企業サイト 「三菱自動車、新型軽EV『eKクロス EV』が2022~2023日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞」

2022年11月8日、三菱は新型軽EV「eKクロス EV」がNPO法人 日本自動車殿堂が主催する2022~2023日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞したことを発表しました。

ちなみに、三菱は日本自動車殿堂では軽乗用車「アイ」で2006~2007カーデザインオブザイヤー、軽EV「アイ・ミーブ」で2009~2010カーテクノロジーオブザイヤーを受賞していますが、カーオブザイヤーを受賞するのは初めてです。

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」の2022~2023日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞の理由は、下記の通りです。

国内EV市場の拡大に貢献する軽規格適合の本格的EVであること

クラスを超えた力強いEVの走りと高い質感の内装であること

軽自動車ながら優れた走行安全アシストシステムを装備していること

この新型軽EV「eKクロス EV」は、SUVテイストの軽自動車であるeKクロスシリーズに新たに設定されたEVモデルで、日常使いに十分な一充電走行距離180km(WLTCモード)を実現しながら、購入しやすい価格設定になっています。

No image

出所:三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

No image

出所:三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

加えて広々とした快適な室内空間と使い勝手の良さに、EVならではの滑らかで力強い走り、圧倒的な静粛性と良好な乗り心地、さらに先進の運転支援機能とコネクティッド技術を装備し、好評を博しているようです。

同リリースにおいて三菱は、カーボンニュートラル社会の実現に向け電動車シフトが求められている現在において、今後も三菱らしい環境に優しく、安全・安心で快適な車を提供し、持続可能な社会の実現に貢献していくと発表しています。

【写真6枚】新型軽EV「三菱・eKクロス EV」室内は広々で価格・スペック共に優秀だった!(画像出所:三菱自動車工業株式会社)

実際どうなの?三菱・新型軽EV「eKクロス EV」日常利用なら十分なスペック!

No image

出所:三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」は、モーターの最高出力が47kW(64馬力)、最大トルク195N・mです。

駆動用リチウムイオン電池の容量は、20kWhと少なめですが、普通車のEVモデルと比べると車両重量が1.1トン弱と軽いため、1回の充電で180km(WLTCモード)を走行できます。

No image

出所:三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

充電時間は、普通充電(AC200V/14.5A)で約8時間、急速充電では約40分(80%充電)です。

そのため、長距離運転はやや不便を感じるでしょうが、毎日の利用では申し分ない性能を実現しています。

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」補助金利用で184万8000円(税込)から

No image

出所:三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

三菱・新型軽EV「eKクロス EV」は、国の補助金(※2)を受けた場合の実質的な購入金額が184万8000円(税込)からとなっています。

※2:令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」および令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」の対象となり、55万円の補助金が交付されます。

200万円を超える軽自動車もあるなかで、新型軽EV「eKクロス EV」のこの金額は優秀ではないでしょうか。

依然としてガソリン価格が高止まりしていますので、新型軽EV「eKクロス EV」は今後より注目されるかもしれませんね。

参考資料

三菱自動車工業株式会社 公式企業サイト 「三菱自動車、新型軽EV『eKクロス EV』が2022~2023日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞」

三菱自動車工業株式会社 公式企業サイト 「三菱自動車、新型軽EV『eKクロス EV』を6月16日に発売」

三菱自動車WEBサイト 三菱 eKクロス EV

LIMO編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加