【新製品】ストレージイット×アーティストの2023年版コラボ手帳

【新製品】ストレージイット×アーティストの2023年版コラボ手帳

  • ママテナ
  • 更新日:2022/08/06
No image

文具のとびら編集部

マークスは2022年7月19日に、スライドジッパー付きポケット仕様のサステナブルな手帳「ストレージイット ダイアリー」2023年版の「アートギャラリー」デザインの販売を開始した。

スライドジッパー付きポケット仕様のサステナブルな手帳「ストレージイット ダイアリー」は、2006年版(2005年発売)から現在まで、15年以上続くロングセラーアイテム。ペンや付せんなど、手帳といっしょに持ち歩きたい小物を入れておくことができる利便性の高さに加え、カバーの一部にリサイクルPVC、FSC(R)認証紙を採用したサステナブルな面も併せ持つ、国内外にリピーターの多い人気製品となっている。

2023年版の「ストレージイット ダイアリー」では、表紙をアートギャラリーに見立てた6つのスペシャルなデザインが登場。「日本の素敵で世界に快適を」というマークスの企業理念を具現化する直営店舗「マークスタイル トーキョー」が、インショップ・ギャラリーやアートウォール企画で出会った6名のアーティスト/作家たちと、「ストレージイット ダイアリー」のコラボレーションが実現。書家、半立体色彩絵師、ドールクリエイター、造形作家など、さまざまなジャンルのアーティストたちの個性的な作品が表紙を飾り、今までにないユニークな「ストレージイット ダイアリー」が誕生した。

■アーティスト/手帳カバーデザイン 紹介(敬称略)

No image

【紫舟 (シシュー) 書家/芸術家】
日本の伝統文化「書」を中心に、絵の中に文字が融合した「書画」、平面の書が伝統から解放され三次元になった「書のキュビズム」などへ昇華された作品は、唯一無二の現代アートとなり日本を世界に発信している。
手帳カバーデザインは、「翼をひろげ、大きくはばたく。大きく、そして大きく。」を「翔(しょう)」の一文字で表現した作品。

【梶川 能一 (カジカワ ヨシカズ) 半立体色彩絵師/芸術家】
十代から世界を巡り、約5年の芸術修行を経て仏国より帰国。2009年大阪 アトリエパクールを開く。半立体色彩画独自の「よしかづ画法」を新構築。各国のアートフェア、展示会にて作品を発表。
手帳カバーデザインは、クマと好物のサーモンとの戯れの一コマをデザインした作品。

【YUYA WADA (ユウヤ ワダ) Doll Creator】
既成概念に囚われない、ゼロから創造する人形を展開。それぞれの作品に異なったストーリー性が感じられる。
手帳カバーデザインは、可愛らしくも、どこか人間味あふれる姿で、今にも動き出しそうなウサギの作品。

【広野多衣子 (コウノ タエコ) ドールデザイナー】
服のディテールやコーディネイト、生地の質感、サイズ感、ポーズやヘアースタイルなどにこだわりを持って、 時には椅子やカゴバッグも手作りでファッショナブルなミニチュアドールを制作。
手帳カバーデザインは、チェアに腰かけてちょっと休憩をしているような女性をイメージさせる作品。

【吉村 彩 (ヨシムラ アヤ) ペーパーフローリスト/Colorful PETALS】
花市場や散歩道で見た花をインスピレーションに、切るところから色つけまで工程にこだわり、紙で花を創作。 紙の風合いを活かしながら、生花のように生き生きとしたリアルで繊細な造形と色合いが特徴。
手帳カバーデザインは、まるで生花のような、緻密でカラフルなペーパーフラワー作品。

【杉山愛莉 (スギヤマアイリ) 造形作家】
猫をモチーフとした彫刻を中心に制作。活き活きとした表情や躍動感ある動きで作品ひとつ一つに命を吹き込んでいる。
手帳カバーデザインは、ごろんと横になってこちらを見つめる、なんとも愛嬌のある表情が印象的な猫の作品。

■製品概要

ブランド:2023年版 ストレージイット ダイアリー
製品名・価格:ストレージイット アートギャラリー B6週間バーチカル (10月始まり・全6種) 税込各2,200円

◆2022年8月10日までキャンペーン実施中(関連記事はこちら)。

■マークスタイル トーキョー / MARK’STYLE TOKYO

No image

「日本の素敵で世界に快適を」という、マークスの企業理念を具現化する直営店舗のフラッグシップストア。フランス・パリのマレ地区にある実店舗と、オンラインストアを展開している。
マークスのステーショナリーをはじめ、機能・品質・デザインにおいて「ジャパン・クオリティ」に根ざした、上質で価値あるデザインギフトやライフスタイルプロダクトを提案している。

パリ ル・マレ店 https://marks.jp/shop/markstyle-tokyo/
オンラインストア(オンライン・マークス内) https://www.online-marks.com/markstyletokyo/brandtop/markstyletokyo/

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加