明大・入江と慶大・木沢のエース対決 試合は引き分け/東京六大学

明大・入江と慶大・木沢のエース対決 試合は引き分け/東京六大学

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

東京六大学野球秋季リーグ第5週第1日(18日、明大2-2慶大=九回規定により引き分け、神宮)ドラフト会議まで1週間余りとなり、注目の明大・入江大生投手(4年)と慶大・木沢尚文投手(4年)のエース右腕対決は、互いに150キロ超の直球中心の好投が続いた。

慶大が四回1死二、三塁で6番・福井章吾捕手(3年)の左犠飛で先制すると、明大が七回無死一塁で5番・植田理久都捕手(3年)の左翼線二塁打で同点とし、なおも1死三塁となったところで、7番・陶山勇軌外野手(3年)の中犠飛で勝ち越した。

しかし、慶大は九回裏無死一塁で、4番・正木智也外野手(3年)の右前打が右翼手の前で大きくはね、飛び越える当たりになり、一走が生還し同点。その後連続申告敬遠で1死満塁。ここで入江が三振、投ゴロに打ち取り完投し、2-2で引き分けとなった。

一方の木沢は8回2失点だった。慶大・堀井哲也監督は「よく追いついたともいえるが、攻めきれなかったとも思う。とにかく。明日(2回戦)勝つために準備する」と話した。明大・田中武宏監督は「同点になった後、あとは入江が力でおさえ込めると思っていた」と悔しい思いを抑えて、切り替えていた。

今季のリーグ戦は2試合総当たり制で、勝利を1ポイント、引き分けを0・5ポイントとし、合計ポイントで優勝が争われる。この時点で明大は4勝2分け1敗で5ポイント、慶大は4勝1分けで4・5ポイント。

No image

3回、慶大・渡部を三振に切り吠える明大・入江=神宮球場(撮影・田村亮介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加