高校生が命の大切さを学ぶ【熊本】

高校生が命の大切さを学ぶ【熊本】

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/11/25
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

おととし、交通事故で息子を亡くした遺族が、高校で講演会です。

「命の大切さを学ぶ教室」が県立牛深高校で開かれました。

講演会には、牛深高校の生徒など約170人が参加。

おととし7月に、交通事故で長男の忍さんを亡くした深迫 祐一さん・祥子さん夫婦の話を聞きました。

【深迫 祐一さん・祥子さん夫婦】

「私たちも、この事件が殺人など悪意を持った行為ではないことは頭では理解しています。しかし、大切な子供を亡くした親としては決して加害者を許すことはできません」

【高校生】

「これから車の運転をしていくので、加害者にならないよう注意を深めていきたい」

【高校生】

「命の大切さを改めて確認することができました。命がある限りいろんなことができると思うので、悔いがない生活を送っていきたい」

深迫さん夫婦は「命があれば何でもできるので悩みがある時はいつでも話しに来てほしい」と締めくくりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加