NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
名古屋城「金のしゃちほこ」 展示終え天守閣に戻る

名古屋城「金のしゃちほこ」 展示終え天守閣に戻る

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

動画を見る(元記事へ)

名古屋のシンボル「名古屋城」の「金のしゃちほこ」が地上での展示を終えて22日朝、天守に戻されました。

雄・雌それぞれ高さ約2.6メートル、重さ約1.2トンの金のしゃちほこは午前8時すぎからヘリコプターでつり上げられ、天守に戻されました。

金のしゃちほこはコロナ禍で苦しむ地域経済や市民を元気付ける目的で16年ぶりに地上で展示されていました。

名古屋市によりますと、展示には約27万人が来場したということです。

見に来た人:「名古屋城は金シャチがいなけりゃね。名古屋の顔ですからね」「きれいですね。ちょっとびっくりするくらいキラキラしている」

天守は来月中旬に足場などが撤去されて元の姿に戻る予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加