ノンフィクション作家の佐山和夫氏が野球殿堂に選出

ノンフィクション作家の佐山和夫氏が野球殿堂に選出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

野球殿堂入りし、日本高野連の庭にある銅像の前で笑顔を見せる佐山和夫さん(代表撮影)

球界の功労者をたたえる野球殿堂入りが14日、野球殿堂博物館から発表された。アマチュアや審判員、野球発展に顕著な貢献をした人が対象となる特別表彰で元日本代表監督の川島勝司氏(77)、野球関連の著書で知られるノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。競技者表彰では選手としての貢献を表彰するプレーヤー部門、指導者も対象となるエキスパート部門は、ともに得票率で達せず、選出者はいなかった。競技者表彰で選出されなかったのは98年以来となる。

佐山氏は慶大文学部を卒業し、英語教師を経て作家となった。84年、ニグロリーグの伝説の投手、サチェル・ペイジを描いた「史上最高の投手はだれか」、93年には「野球とクジラ」など日米の野球史に関する著書を多数、著した。また、98年には「伝説のレフティ・オドール」の翻訳も行うなど、野球史の発信に大きく貢献した。99年に日本高等学校野球連盟顧問に就任すると、01年に設けられた「21世紀枠」の創設に関わるなど、高校野球の発展に寄与した。

佐山氏は「これまでの人生の中で、今回くらい驚いたことはありません。私が一番驚いていると思います。選考にあたってくださったみなさん、関係者のみなさんに心から御礼を申し上げたいと思います。今後は微力ではありますけども、野球の発展のために、日本社会の進展のために、世界のスポーツの振興のために尽力したいと思っております」とコメントした。

◆佐山和夫(さやま・かずお)1936年(昭11)8月18日、和歌山県生まれ。慶大文学部を卒業し、英語教師を経て、作家へ。日米の野球史に関する著書を多数、著した。99年に日本高等学校野球連盟顧問に就任し、07年から選抜高等学校野球大会の21世紀枠特別選考委員を務めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加