【東京】痛恨の3連敗 アダイウトン古巣相手に同点弾も空砲に「うまくいかない時もある」

【東京】痛恨の3連敗 アダイウトン古巣相手に同点弾も空砲に「うまくいかない時もある」

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/05/14
No image

東京アダイウトン(2022年4月10日撮影)

<明治安田生命J1:磐田2-1東京>◇14日◇第13節◇ヤマハ

FC東京は痛恨の3連敗を喫した。

1点を追う後半34分にMFアダイウトン(31)が右足で同点ゴール。途中出場からわずか3分後にネットを許した。だが、同43分に再び失点。ブラジル人助っ人の今季4点目は空砲に終わった。

アダイウトンは15年から5シーズン磐田でプレー。古巣相手にゴールを奪った。「得点した時はいろいろな思い出がよみがえってきた」。慣れ親しんだかつての「ホーム」で健在ぶりを証明したが、チームの勝利には結びつかなかった。それでも、試合後は「うまくいかない時もある。顔を下げてはいけないし、次の試合に向けていい準備をしたい」と気持ちを切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加