SkyDriveと兵庫県、空飛ぶクルマ実現に向け連携協定を締結

SkyDriveと兵庫県、空飛ぶクルマ実現に向け連携協定を締結

  • ドローンジャーナル
  • 更新日:2023/01/25

2023年1月24日、SkyDriveは、兵庫県と、兵庫での空飛ぶクルマの実現に向けて連携協定を締結したことを発表した。今後両者が連携して空飛ぶクルマの開発と社会実装に取り組むことにより、科学技術の発展、イノベーションの創出、地域活性化、産業振興、防災・減災および2025年大阪・関西万博に向けた機運醸成を推進するとしている。

No image
No image

連携協定締結式の様子。兵庫県知事 齋藤元彦氏(左)と、SkyDrive代表取締役CEO 福澤知浩氏(右)。

兵庫県は、2025年に開催される大阪・関西万博を見据え、産業政策等を中心に関西をはじめ、日本の成長・発展を牽引していくためのさまざまな施策を実施することを目指している。施策の1つに空飛ぶクルマの社会実装を掲げ、社会受容性の向上、事業開発支援等を進めていく。

SkyDriveは、空飛ぶクルマの機体メーカーとして、2025年の大阪・関西万博開催時に大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現を目指している。2021年9月には大阪府・大阪市と空飛ぶクルマ実現に向けた連携協定を締結し、大阪ベイエリアにおける空飛ぶクルマの実現に向けて、社会受容性を高めるための活動や実証実験の実施等を推進している。

大阪ベイエリアに加え、関西圏から淡路、瀬戸内と、徐々にネットワークの広域化を目指す上で、ハイテク産業基盤、観光エリアとしての魅力、都市・郊外それぞれの移動需要とバランスが取れている兵庫県は空飛ぶクルマの実装エリアとして理想的であると考え、同協定の締結に至ったという。

今後、空飛ぶクルマの開発および実用化を通じた、新産業や新規ビジネスの創出、防災機能の強化などにより、兵庫県の発展、安心で便利な暮らしの実現に貢献していくとしている。

No image

兵庫県での飛行イメージ

空飛ぶクルマの実現に向けた連携協定

締結日
2023年1月24日

提携目的
空飛ぶクルマの開発と社会実装に取り組むことにより、科学技術の発展、イノベーションの創出、地域活性化、産業振興、防災・減災および2025年大阪・関西万博に向けた機運醸成を推進すること。

提携内容
1. 空飛ぶクルマの機体および事業開発に資する実証
2. 空飛ぶクルマの社会実装に向けた環境整備
3. 空飛ぶクルマに係る情報発信など社会受容性の向上
4. 空飛ぶクルマに関わる産業のエコシステム形成

各者コメント

兵庫県知事 齋藤元彦氏

兵庫にはベイエリアを中心とする海、山、川という多様なフィールドに加え、航空機産業の集積もあります。これまでのドローンの実証実験で培った知見を活かし、空飛ぶクルマの実現に向けた取組をこれから進めていきます。令和5年度には、空飛ぶクルマの社会実装に向けた予算を確保し、次世代空モビリティひょうご会議(仮称)を立ち上げ、社会受容性の向上、ポート整備支援、事業開発支援を行っていきます。SkyDriveさんとは万博1000日前イベントで縁ができ、連携協定締結に至りました。これからも共に歩んでいきます。

SkyDrive 代表取締役CEO 福澤知浩氏

兵庫県とは、これまで、実験機「SD-03」の展示や講演を通じて、空飛ぶクルマの社会受容性を高めるための活動を一緒に実施させていただいてきました。今回の協定で空飛ぶクルマの関西圏から淡路、瀬戸内へと広域化の実現に一歩近づくことができました。兵庫県は神戸空港やコウノトリ但馬空港もあります。ベイエリアから淡路島にかけては交通需要も見込め、空飛ぶクルマの運航に理想的な場所と感じております。空飛ぶクルマの実現により便利さと楽しさの提供に加え、防災機能の強化、地域活性化など、皆様の期待に応えられるよう推進して参ります。

ドローンジャーナル編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加