1000cc級〝怪物〟電動バイク「ダヴィンチ・モーターDC100」がCES2023に登場!!

1000cc級〝怪物〟電動バイク「ダヴィンチ・モーターDC100」がCES2023に登場!!

  • AppBank
  • 更新日:2023/01/25

時速96km(60mph)に3秒台で到達、最高時速は200km超え、航続距離は400kmになるという〝怪物〟スペックの完全電動バイクがDavinci Motor(达芬骑动力)DC100です。

関連:CES2023記事まとめ|AppBank.net

今回はその実物がCES2023の会場でお披露目されていたので、詳細をチェックしてきました。

ダヴィンチ・モーター DC100

ガソリンエンジンを搭載した伝統的なバイクとは大きく異なる野心的なデザイン。ひし形(◇)のボディが特徴です。

No image

ダヴィンチ・モーターは自社のバイクを「二輪ロボット」と呼んでおり、周囲の環境に理解したり対応したりすることでライダーをアシストするバイクの製造を行なっています。また、将来的には自動運転を搭載することも目指しているとのこと。

No image

今回展示されていた「DC100」完成版に近く、27,500ドル〜の値段で北米やヨーロッパのユーザーに向けて予約の受付が開始されています。

No image

車体には200個以上のセンサーが搭載されており、道路状況や移動速度、バッテリーやモーターの温度などをリアルタイムで分析。バイクにまたがりブレーキ・レバーを離すと道路の傾斜にあわせて適切なトルクで発進する技術などを備えています。

No image

DC100のおもな仕様

展示されていた車体のスペックは以下の通り。

No image

未来のバイク

今後の計画として、電動パワーステアリング(EPS)と6軸慣性計測ユニット(IMU)により自動で車体のバランスをとる機能の実装が予定されており、これが実現すればDC100は自立自走ができるようなります。また、ターゲット認識を備えることで設定した対象を自動で追尾する機能や自動車庫入れ/車庫出し機能などの搭載も予定されているとのこと。

No image

同社はこうした先進的なシステムの一部をオープンソース化したり、APIとして提供したりすることも検討しており「2輪ロボットのプラットフォーム」となることを目指しているそうです。

バイクがフードデリバリーの仕事をして、ボクらのかわりにお金を稼いでくれる時代……来るかもしれませんよ!(笑)。

動画:Meet the DC100

*Category: Technology

<関連情報>

CES2023現地レポート:脳波や尿のセンサーから空飛ぶクルマにサンドバッグまで〝テックの未来が見える〟おもしろ製品まとめ!

物流とタクシーを〝無人化〟するウェイモ(Waymo)、Googleが産んだ自動運転の最先端企業がスゴい!

masahira

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加