『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』コラボアイテム全6型着てみた結果:ダウンとフリースの傑作だった!

『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』コラボアイテム全6型着てみた結果:ダウンとフリースの傑作だった!

  • fashion trend news
  • 更新日:2021/10/14
No image

【ユニクロ(UNIQLO)】と、アウトドアのエッセンスを独自の解釈で発信する日本発の人気ブランド【ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)】が、初となるコラボレーション・コレクション『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(UNIQLO and White Mountaineering)』をリリース! 10月15日(金)より公式オンラインストアと全国のユニクロ店舗で発売されるのを前に、ウィメンズ&メンズ全6型を試着して実物を詳しくチェックしてきました!

画像参照:https://ftnews.jp/

【ホワイトマウンテニアリング】ってどんなブランド!?

No image

【ホワイトマウンテニアリング】が得意とするアウトドアのエッセンスを存分に活かしたコレクション展開画像参照:https://ftnews.jp/

【ホワイトマウンテニアリング】を手がけるデザイナー、相澤陽介(あいざわ・ようすけ)さんは、1977年生まれで、多摩美術大学卒業後、2006年に【ホワイトマウンテニアリング】をスタート。海外で新作コレクション発表を続ける一方、【Moncler W】【adidas originals】【HUNTING WORLD】など、さまざまな海外ブランドのデザインも手がけています。“服を着るフィールドはすべてアウトドア”というコンセプトのもと、相澤さんの服づくりはデザイン・実用性・技術の3大要素で構成されています。今回の初コラボでは、フリース・ハイブリットダウン・ウルトラライトダウンといった【ユニクロ】のアイコニックな高機能あったか素材を存分に使った、相澤さんらしいアウトドアムード満点の新作ワードローブが爆誕! ウィメンズ&メンズ6型に加え、ファミリーでおそろいコーデが楽しめるキッズ3型の合計9型で展開されます。

[ 関連記事を読む - RC ]

ウィメンズ&メンズ全6型を着てみたら:ジェンダーレスで気に入った♡

過去にもエディター沖島による試着コーデをご紹介した「ユニクロ ユー」「ユニクロ × セオリー」もそうですが、最近の【ユニクロ】の新作は、ウィメンズ・メンズと性別でコレクションが分かれていても基本はジェンダーレスで着てよい服が多いです。今回ご紹介している『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』も一応ウィメンズ・メンズ(+キッズ)と分かれていますが、デザインや機能が気に入ったらどれでも性別関係なく着ちゃってください◎。ちなみにコーディネート的には、女子の場合、アウトドアムードのアウターにフェミニンなふわ揺れスカートを合わせたミックスコーデがトレンドなので、エディター沖島もすべて私物の【ユニクロ】ロングプリーツスカートに合わせてみました。では全6型を詳しくチェック!

ハイブリットダウンオーバーサイズパーカ(¥9,990・ウィメンズ)

No image

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥9,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

活発に動かす腕や脇の下のパーツに“吸湿発熱中綿”を、ほかほかあっためたい身ごろにはフェザーとダウンを組み合わせた“プレミアムダウン”と、2種類のパックで構成することで軽く暖かな着心地を実現したハイブリッドダウンアウターは、2019年冬の初登場以来、大人気の次世代型アウターです。「ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ」(¥9,990)は、裾のドロストコードをキュッと絞ることでコクーン型にふんわりさせたり、ゆるめてリラックス感あふれるボックス型にしたりと、自在にシルエットチェンジ可能。

No image

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥9,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

トレンチコートのようなケープが背中にひらっとついているのがこだわりデザイン。また、ダウンパック(キルティング部分)が裏側に仕込んであるため、表側はすっきりノンキルト。着ぶくれ知らずでスマートなたたずまいが楽しめます。

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ(¥12,900・メンズ)

No image

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥12,900/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

ヒップが隠れるくらいのロング丈で、もっとマニッシュなムードがお好みの方は、メンズの「ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ」(¥12,900)をどうぞ。こちらもダウン&フェザーと吸湿放熱中綿を使い分けたハイブリッドダウン仕様。表生地に上品な光沢感があるので、タウンユースできれいめに着られます。

No image

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ¥12,900/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

着たままでもアクティブに動けるよう、3Dカットパターンを駆使して360°立体的な設計になっています。止水ファスナーつきポケット×2・胸のフラップポケット×2・ウエストのフラップポケット×2、合計6個のポケットに、スリットポケットとしても使えるハンドウォーマーつきで収納力抜群、まさに“着るバッグ”といっても差し支えないと思います。また、こちらもキルティングは裏側のみで、表側はすっきりノンキルト。

ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット(¥7,990・メンズ)

No image

ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット¥7,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

めちゃめちゃ軽くてあったかい【ユニクロ】冬のメガヒットアウター、ウルトラライトダウンを使った「ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット」(¥7,990)もぜひチェックしていただきたい傑作。商品名に“オーバーサイズ”とついているので、アウターとして大きめにざっくり羽織るのがカッコいいのですが、カーディガンのようなデザインになっているので、コンパクトなサイズを選べば、お手持ちのコートやジャケットのインナーダウンとしても着られます。

No image

ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット¥7,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

くるくるとコンパクトに折りたたんで付属の巾着ポーチに収納できるパッカブル仕様はそのまま、【ユニクロ】レギュラーコレクションのウルトラライトダウンジャケットと比較すると、破れにくく丈夫なビッグリップストップを表地に採用してデザイン性をアップ、さらにポケットが多い(ファスナーつきポケット×2・両脇のスリットポケット×2の合計4個)のが特長。肩回りがラグランスリーブデザインになっていて、動きやすい設計に。しかも雨水をはじく耐久撥水機能つきで、買わない理由がありません!

フリースオーバーサイズモックネックプルオーバー(¥2,990・ウィメンズ)

No image

フリースオーバーサイズモックネックプルオーバー¥2,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

フリースといえば【ユニクロ】最初の大ヒット商品にして誕生から21周年を迎える傑作ですが、レギュラーコレクションのスポーティ寄りなデザインをおしゃれに着こなす自信のない方(わたくしもです "p')はぜひこちらの「フリースオーバーサイズモックネックプルオーバー」(¥2,990)をチェックしてみて。スポンジのようにふわっふわで軽い着心地が楽しめるフリース素材、ゆったりとした丸みのあるシルエット、前後アシンメトリーなデザイン、裾のスリット、袖口や裾のパイピングやリボンづかいがアクセントのキュートなトップスです。

No image

KIDS フリースオーバサイズモックネックプルオーバー¥1,500/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

「裾のリボンがいらないんだよなー( "q')」という方には、よりお安くお買い求めいただけるシンプルなキッズモデルはいかが!? 100〜160のサイズ展開があるので、小柄な方やコンパクトサイズが好きな方ならじゅうぶん楽しめますよ。ネイビー×赤のパイピングデザインはキッズのみの展開です。

フリースオーバーサイズジャケット(¥4,990・メンズ)

No image

フリースオーバーサイズジャケット¥4,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

両袖とフロントファスナーまわりに短い毛足、身ごろにはもこもこボアと、1枚のなかに異なるフリース素材を組み合わせることでレイヤードコーデ感覚が楽しめる「フリースオーバーサイズジャケット」(¥4,990)。ふわんと大きめなリラックス&ボリューミィなシルエットが持ち味です。

No image

フリースオーバーサイズジャケット¥4,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

左胸のファスナーポケットにパリッとした布帛素材を使うことで、羽織ったときにだら〜んとダレないよう工夫しているそう。

フリースオーバーサイズプルオーバー(¥2,990・メンズ)

No image

フリースオーバーサイズプルオーバー¥2,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

風の侵入を防ぐため、袖口にパイピングをあしらってバインダー仕様に仕上げた「フリースオーバーサイズプルオーバー」(¥2,990)。も、大きめのリラックスシルエットでラフに着たいデザイン。こちらは、ハイネックの襟もとにパリッとしたハリのある布帛素材をあしらうことで、すっきりした印象のたたずまいに。

No image

フリースオーバーサイズプルオーバー¥2,990/ユニクロ(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング)画像参照:https://ftnews.jp/

デザインのポイントにもなっている両脇のスリットポケットが大きく、手を入れるととっても暖かいのが魅力。沖島が着たナチュラル(ホワイト)はリラックスムード満点ですが、ブラックやネイビーなどダークカラーを選ぶと、カジュアルながら引き締まった印象の着こなしが楽しめます。

「ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング」の発売日&入手方法

No image

画像参照:https://ftnews.jp/

以上、『ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング』2021秋冬コレクション全6型の試着レポートをお届けしました。10月15日(金)より、公式オンラインストアと全国の【ユニクロ】店舗で発売されます。ぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載されているのは2021年9月27日時点での情報で、個人の意見や私物が含まれます。最新の情報はメーカー・ブランドの店頭や公式サイトにてご確認ください。

Senior Writer:沖島麻美

【ftn_Senior Writer】沖島 麻美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加