多くの日本人がつまずく英語表現「supposed to」 と「going to」 の違い

多くの日本人がつまずく英語表現「supposed to」 と「going to」 の違い

  • @DIME
  • 更新日:2023/09/19

英語に苦手意識のあるビジネスパーソンも多いと思います。「伝わらなくて、はずかしい思いをしたことがある」「英語で話しかけられると、固まってしまう」「単語は出てきても、言葉にならない」という経験をしたことがある人も多いでしょう。

アメリカで生まれ、日本に来てから約40年間、英会話教室をしているデイビッド・セインさんによれば「~がほしい」「~でうれしい」など、よく使う表現はまるごと頭に入れてしまえば、相手は「あ、何かほしいんだな」「喜んでくれたんだな」とわかり、「何を言おうとしているか」という最低限の意図はまず伝わるとのことです。 これでだいぶ、誤解されたり言い出せなかったりということが減るはず。しかもこれらの表現は日常会話で使うには、中学英語のレベルでじゅうぶんなんです! そんな教えを、つめたデイビットさんの著書「10年ぶりの英語なのに話せた! あてはめて使うだけ英語の超万能フレーズ78」からこれさえあればまず会話には困らない、という「基本フレーズ」を厳選して紹介してきます。
「英語を話せますか?」と聞かれて、自信を持って「Yes!」と言えるようになる未来はもうすぐそこ!

〈こんなときに!〉何時に仕事が終わるか聞かれて… I’m supposed to finish at 9:00. (9時には終わるはず)

[1]supposed to と going to の違いは?

be supposed to... は約束や予定に対して、そうであるよう「期待する」という意味合いがあります。同じく予定を表す表現に、似た表現に I’m going to がありますが、I’m supposed to は「~することになっている」のように、単なる予定で、やや義務的な感じなのに対し、I’m going to には、楽しみな気持ちが含まれます。楽しみな予定には I’m going to がおすすめです。

(例)I’m supposed to see the doctor today.
(気が重いけど予約したので)今日は病院へ行くことになっているんだ。

(例)I’m supposed to go to work tomorrow.
(明日は休みか聞かれて)明日は働かなきゃいけない。

[2]規則で禁止されていることをやんわり伝える

You’re supposed to... は規則で決まっているので「そうすべき」とか、You’re not supposed to... で「やめておいたほうがいいよ」というときにも使います。Don’t do that.( やっちゃダメ)というよりも、 「 そういう決まりだからやめておいたほうがいい」くらいのやんわりした忠告です。

(例)You’re not supposed to take photos here.
(友達がカメラを取り出したのを見て)ここは撮影禁止みたいだよ。

☆ ☆ ☆

デイビットさんがこれまで日本で英会話を教えている中で、すごく惜しいなぁと思っていることにが、とにかく第一声を発することにハードルがあるということだそうです。デイビットさんのようなネイティブからすると、ちょっとした英語の表現(過去形になっていないとか、動詞に「s」がついていないとか)の間違いは、ぜんぜん気にならないそうです。そもそも相手がネイティブではないことはわかっているので、相手に対してカンペキな英語など期待していないのです。確かにこれは、逆の立場になってみたらわかりやすいと思います。アメリカ人に日本語で話しかけられたとき、発音や単語が少し間違っていたからといって、イヤな気分にはなりませんよね? 大切なのは「一歩踏み出す」勇気。「10年ぶりの英語なのに話せた! あてはめて使うだけ英語の超万能フレーズ78」にあるフレーズを参考にまずは話しかけてみてはいかがでしょうか?

No image

発行/株式会社アスコム

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

著者/デイビッド・セイン
日本人に合う、日本人のための英語学習法を考え続けて約40年。これまで累計400万部の著作を刊行してきたベストセラー著者。英会話学校の経営、翻訳、教材やWebコンテンツなどの制作を手がけるクリエイター集団「AtoZ English(エートゥーゼットイングリッシュ)」代表。現在も、対面やオンラインで自ら英会話を教えている。出身はアメリカ。中学時代、いとこの同級生に日本人がいたことがきっかけで日本語を学び始め、アメリカの証券会社に勤務後に来日。「日米バイリンガル」として、日常会話からビジネス英語、TOEICに至るまで、幅広く教えている。NHKレギュラー出演、日経・朝日・毎日新聞での連載などメディア出演多数。著書に『その英語、ネイティブはカチンときます』(青春出版社)、『爆笑!英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語』『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』(以上アスコム)などがある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加