マツダ最強のSUV「CX-90」、発表へカウントダウン。スポーツカーのようなハンドリングを実現か?

マツダ最強のSUV「CX-90」、発表へカウントダウン。スポーツカーのようなハンドリングを実現か?

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2023/01/26

■ロードスターで初めて導入された「KPC」を搭載

マツダは現在、新型の3列7人乗りクロスオーバーSUV「CX-90」を開発していますが、その最新ティザームービーを公開しました。

No image

マツダ CX-90 ティザーイメージ

ゼロから構築された次世代フラッグシップSUV「CX-90」は、大型モデルでありながらスポーツカーのようなドライブトレインレイアウトとパフォーマンスを持ちます。

具体的にいえば、新世代のリアデバイス全輪駆動レイアウトと、マツダが世界に誇るスポーツカー「MX-5」(日本名 : ロードスター)で初めて導入された「KPC」(キネマティック・ポスチャー・コントロール)が全グレードに標準装備されます。これにより、大型SUVにしてスポーツカーのようなドライビング・ダイナミクスが体験できるのです。

No image

マツダ CX-90 ティザーイメージ

そして最大の注目はそのパワートレインで、「マツダ史上で最もパワフルなエンジン」と語られる3.3リットル直列6気筒ターボ「e-SKYACTIV」エンジンを搭載、最高出力340ps・最大トルク500Nmを発揮します。

同ブランドのパワートレイン・パフォーマンスマネージャーであるジェイ・チェン氏は「直列6気筒を中心にすべてを新設計する必要がありました。そのためトランスミッションを再設計し、トルクコンバーターなどすべてをコンパクトに、フロントエリアのステアリングアングルは大きくなり、より適切なスポーツカーサスペンションを実現しました」と語っています。

スポーツカーのようなハンドリングに、ブランド史上最強のエンジンを搭載する「CX-90」は、間違いなくマツダ史上最高のクロスオーバーSUVとなるはずです。

CX-90のワールドプレミアは、1月31日に計画されています。

(APOLLO)

あわせて読みたい

BMW「X5」改良型、PHEVモデルも導入確定。航続距離を改善か?

メルセデスAMG「GLC 43クーペ」新型、2L直4+マイルドハイブリッド搭載が濃厚

アルファロメオ「ジュリア」次期型、スポーツワゴンを計画か? デビューは2026年

「オープンカーで幸せになる」のはなぜ? 子供から大人までマツダ ロードスター助手席体験者募集中

アルファロメオ「ジュリア」次期型、PHEVでBMW M2に対抗

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加