【中山記念展望】ヒシイグアスが重賞連勝狙う

【中山記念展望】ヒシイグアスが重賞連勝狙う

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/21
No image

中山記念登録馬

「中山記念・G2」(28日、中山)

中山金杯で重賞初制覇を飾り、勢いに乗るヒシイグアスが中心を担う。首差の辛勝ではあったが、1番人気に応えた勝ちっぷりに、堀師は「不利があったけど、気持ちが途切れずに走り切った馬を褒めてあげたい」と評価する。前走後は在厩で調整。「コンスタントに乗り込み、前走時よりいい仕上がりに持っていけます」と順調ぶりをアピール。重賞連勝へ視界は良好だ。

明けて4歳を迎えたバビットが、ここから始動する。菊花賞10着、有馬記念13着とG1に挑戦した近2戦はさすがに厳しかったが、セントライト記念を逃げ切った中山コースでG2戦となれば、見直しが必要だろう。

京都金杯を12番人気で制したケイデンスコール。直線で力強く伸び、18年新潟2歳S以来、およそ2年5カ月ぶりとなる勝利を飾った。今回は初の中山が鍵となるが、状態の良さを生かしたい。

中山金杯で11番人気ながら3着に食い込んだウインイクシード。コース巧者だけにここも侮れない存在だ。今季初戦の白富士Sで存在感を示したビターエンダーや、これが騎手生活最後の重賞騎乗となる、蛯名のゴーフォザサミットにも注目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加