魔改造すぎ!? ランボSUV「ウルス」を「3ドアクーペ」化! 900馬力&豪華内装化でもはや原型なし! 新型「Venatus Coupe EVO C」が独で発表

魔改造すぎ!? ランボSUV「ウルス」を「3ドアクーペ」化! 900馬力&豪華内装化でもはや原型なし! 新型「Venatus Coupe EVO C」が独で発表

  • くるまのニュース
  • 更新日:2023/01/25

ランボルギーニのSUV「ウルス」がクーペ化!?

2023年1月、ドイツのチューニングメーカー「MANSORY」(マンソリー)が、ランボルギーニの高級SUV「ウルス」のカスタマイズモデル「Venatus Coupe EVO C(ヴェナタス クーペ エボ シー)」を発表しました。

最大の特徴は、5ドアのウルスを3ドアクーペへと大きく改造している点です。

No image

ランボルギーニ「ウルス」を3ドア化!? MANSORY新型「Venatus Coupe EVO C(ヴェナタス クーペ エボ シー)」

マンソリーは、1989年に創業したドイツのチューニングメーカー。ロールスロイスやベントレー、アストンマーティンに加え、フェラーリやランボルギーニといった世界中の高級車を、内外装、パフォーマンス共により強力なカスタムカーへ変貌させています。

【画像】ランボSUV「ウルス」をクーペ化! クレイジーすぎる新型「Venatus Coupe EVO C」の豪華な内外装を画像で見る(70枚)

そして「ウルス」は、イタリアの高級自動車メーカー・ランボルギーニがラインナップするSUV。2018年に発売を開始して以来、世界中の富裕層から好評を博しており、同社の販売台数を牽引する人気車両です。

今回発表された「Venatus Coupe EVO C」では、エンジンの出力を約900馬力にまで強化。最大トルクは112.1kgf-m(1100Nm)に達し、その最高速度は時速323キロ、停止状態から時速100キロまで2.9秒で到達します。

そして、最大の変更点はそのスタイル。もともとは5ドアモデルだったウルスが、3ドアクーペへカスタマイズされています。

改造に際しては、まず車体側面にある4つのドアをすべて取り外し、Bピラーを200ミリ後方に移動。その上で新たに設計した2つのドアを装着しています。また車体後方にはサイドエアインテークを追加しました。

もちろんフロントシートには折りたたみ機構などを追加し、後部へのアクセスがしやすくなっています。またリアシートには個別に操作できるセンターコンソールを配置。その他、マンソリーのロゴの入ったシートベルトや、特製のスポーツペダル、レザーマットなどを採用し豪華な印象になっています。

Venatus Coupe EVO Cの生産は。限定8台に限られています。現在、価格はアナウンスされていませんが、参考までに2022年に発表されたばかりの「ウルスS」の価格は、約2775万円(19万5538ユーロ)からとなっており、それを大幅に超える高価な設定となるでしょう。

鈴木伊玖馬

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加