神奈川県バスケットボール協会  港北区内23の幼・保育園にボールとゴールを寄贈 〈横浜市港北区〉

神奈川県バスケットボール協会 港北区内23の幼・保育園にボールとゴールを寄贈 〈横浜市港北区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/05/14

(一社)神奈川県バスケットボール協会はこのほど、港北区内23の幼稚園・保育園に、園児向けのバスケットボールとゴールを寄贈した。

同協会では4年前から、競技の紹介・普及に加え、園児の発達支援として、県内各地でボールとゴールの寄贈を行っている。4月27日には、岩崎学園新横浜保育園で贈呈式を実施。柿沼憲一会長は「先生の言うことを聞いて仲良く遊んで」と呼びかけた。

式典後、園児たちは早速シュートに挑戦。「ゴールに入って嬉しかった」「テレビで見たことがあるから楽しい」と笑顔で振り返った。石田友美園長は「バスケが好きな子も多いのでありがたい。大事にたくさん遊ばせてもらいたい」と感謝を口にした。

楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿を見守った柿沼会長。「喜んでもらえて何より。将来ここからバスケ選手になる子どもが出てきたら嬉しいね」

No image

柿沼会長(後列左から2人目)と園児ら

No image

シュートに挑戦する園児

タウンニュース港北区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加