NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
岩城滉一、昨年の肺炎入院を振り返る 雪山での撮影中に「板履いて滑ったら、そのまま意識なかった」

岩城滉一、昨年の肺炎入院を振り返る 雪山での撮影中に「板履いて滑ったら、そのまま意識なかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22
No image

岩城滉一

俳優、岩城滉一(70)が22日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・0)に出演。昨年、肺炎で入院していたことを振り返った。

この日は妻・結城アンナ(65)とともに出演した岩城。司会の黒柳徹子(87)から「去年、肺炎か何かで入院なさったんですって?」と問われると、「そうなんですよ。呼吸ができなくて、急に倒れちゃって。気を失っちゃったんです」と明かした。

続けて黒柳が「肺が悪くなったの?」と問うと、「僕、それに気付かなくて。咳が出てたんですけど、まさか肺炎だと思ってなかった」と回答。「気を失って運ばれたときに病院へ行ったら、『ちょっと紹介状書くから(大きな)病院行きなさい』って。その当時、僕の周りって肺がんしかいなくて。友人が何人か亡くなった。だから『あ、これは肺がんだな。女房に何て言おう』って思ったんですけど、なかなか言い出せなくて。ほったらかしちゃった」と語った。

しかし、雪山での撮影中に再び肺の状態が悪化。「『やっぱ山の上空気薄いな』って言って、板履いて滑ったら、そのまま意識なかった。それでそのまま病院運ばれて」と再び搬送され、入院することになったという。ただ、当時、経営している射撃場がオープンを迎えたばかりだった岩城は「たまたま射撃場の方も始まったばかりで工事が入ってた。見に行かなければならないから先生に『どうしても退院させてくれ』ってお願いして。退院してそっちの方の仕事をやってましたね」とあっけからんと告白。隣に座っていた妻の結城は「嫌だわぁ」とぼやいて苦笑いしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加