長島哲太「憧れていた舞台で、気合が空回りした。タイムはまだまだ上がると思う」/MotoGP第16戦日本GP

長島哲太「憧れていた舞台で、気合が空回りした。タイムはまだまだ上がると思う」/MotoGP第16戦日本GP

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/09/23
No image

9月23日、2022年MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラス初日のフリー走行1回目が栃木県のモビリティリゾートもてぎで行われ、ワイルドカード参戦している長島哲太(HRC Team)は1分45秒845で22番手に入った。

初日に行われた75分間のFP1を「率直に空回りしたというか、フィーリングはそんなに悪くはなかったんですけど、単純に気合が空回りしてとっ散らかって、序盤流れを作れず何もできずに時間だけが過ぎていったっていう感じですかね」と振り返る。

テストの際は1分45秒6を記録したというが「後半は少しまとまってきて自己ベストに近いところまでは出ましたが、ベストタイムからさらにというのをする時間を作れなかったのが反省点ですし、明日、明後日に向けての課題だと思いますね」と続けた。

「初めてのMotoGPクラス、小さい頃から本当に憧れていた舞台」で走ることの気持ちが先行して、「舞い上がっちゃった部分もあります」という。

No image

長島哲太(HRCチーム)/2022MotoGP第16戦日本GP

それでもMotoGPライダーとともに走ったことで「みんなやっぱり速いし、MotoGPライダーの走りを後ろで見て、最終的に学ぶことは多かったです。走りもそうですし、またタイムの出し方だとか、いっぱい勉強できてとりあえずは良かったかなっていう感じですかね」と吸収できることもあった。

「やっぱりMotoGPライダーたちはすごいなという、内容も含めてまだまだ自分のスキル、バイクの使い方に足りてない部分がまだまだあることを改めて実感したので、今後に向けてはすごい感じられて良かったと思います」

テストも兼ねての参戦となるため、すべての時間を全力で走ることはできないだろう。しかし、走行後にはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)からもアドバイスをもらえたという。

「開発していく上で、自分の立ち位置をしっかり理解するのも大事ですし、そのライディングも今のレギュラーライダーに寄せていかないと、もっとしっかりとした開発はできないと思うので、そういう意味では本当に収穫のある1日だったなと思います」

「データ上でも違いをしっかり感じられましたし、何をするべきかっていうのは明確なったので、それに向けて明日、明後日しっかり時間を使っていければ、タイムもまだまだ上がると思います」

また、MotoGPマシンでウエットの経験はなく「雨は一回も走ったことがないので、正直雨になったらドキドキで仕方がないです。それもひとつの経験だと思いますし、そのなかでしっかりやることをやるしかないと思うので、気持ち切り替えて頑張りたいと思います」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加