「辞職勧告決議が通ったというのは当然」 静岡県内選出国会議員も川勝知事発言を問題視 細野議員の県連入りは結論出ず

「辞職勧告決議が通ったというのは当然」 静岡県内選出国会議員も川勝知事発言を問題視 細野議員の県連入りは結論出ず

  • LOOK 静岡朝日テレビ
  • 更新日:2021/11/25

24日、県議会で可決した川勝知事への辞職勧告決議。提出したのは自民系会派でしたが自民県連の幹部でもある国会議員も知事の発言を問題視しています。一方、党内のあの件は、答えが出ていません。

午後、都内にある衆議院第二議員会館では県内選出の与党の国会議員に向けて県が課題などを共有する県政説明会を行いました。

例年、基本的に知事が行ってましたが、きょうは川勝知事に代わって出野副知事が説明にあたりました。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

川勝知事をめぐっては24日、一連の発言を問題視する自民・公明の会派から辞職勧告決議案が提出され、可決しました。これについて、自民党県連の副会長でもある国会議員からは…。

自民党県連
城内実副会長:「辞職勧告決議が通ったというのは当然だろうなと。あとは川勝知事がどう判断するかだと思うが、私は逆に川勝知事のこのような発言をよしとする県会議員の認識を疑う」

また、説明会の直前、国会議員が集まり無所属・二階派から自民党入りを果たした細野豪志衆院議員の自民党県連入りについて協議を行いました。

関係者によりますとその結果、細野議員の県連入りを了承するか否か結論は出ず、改めて協議の場を設けることになったということです。話し合いの中では、党本部の意向や決定までのプロセスを確認すべきだという意見も上がったということです。

城内実副会長:「様々な意見があったが残念ながらひとつの方向にまとまることはできなかったが、近いうちに早急に考え方をまとめてしっかり選対委員長、党幹部に伝えたいと思っている。静岡5区の支部長については吉川赳衆院議員、静岡県連の元に細野豪志衆院議員の支部を作ることについては、厳粛に受け止めるべきだという声も国会議員や県議、有権者からあることは否定できないので、そこを含めてしっかり意見をまとめたい」

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加