NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「まだまだチャンスはある」 渋野日向子、2年ぶりの北海道で上位争いへ

「まだまだチャンスはある」 渋野日向子、2年ぶりの北海道で上位争いへ

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/07/22
No image

パット練習も実った 渋野日向子、久々の北海道で2アンダー発進|撮影:鈴木祥

<大東建託・いい部屋ネットレディス 初日◇22日◇滝のカントリークラブ(北海道)◇6578ヤード・パー72>

先週の国内復帰戦で予選落ちを喫した渋野日向子が、北の大地で上々発進。2019年「ニトリレディス」以来となる北海道で、2アンダー・21位タイのスタートを切った。

大ギャラリーを引き連れたシブコ【大会フォト】

2ホール目の11番から3メートル弱のチャンスにつけたが、渋野の手を止めたのが先週かみあわなかったパターの感覚。「(先週は)チャンスからかなりオーバーした。それが頭をよぎって、かなり寄せにいってしまった」と決めきれず。それでも13番パー4では、5メートルの上りのラインをしっかり沈めて最初のバーディ。悪い流れに傾くことはなかった。

その後はなかなかチャンスにつかず、長いバーディパットを残すホールが多かったが、ボギーを叩かなかったことは先週からの修正の成果だ。後半に入ると、4番パー5で3オン1パットのバーディを奪取。5番ではグリーンを狙った2打目をミス、右に外してボギーとしたが、6番パー3ではショートサイドに乗せて約2メートルをねじ込んでのバーディを奪い、ギャラリーから歓声を浴びた。

最終ホールも再び10メートルほどのバーディパットを残したが、これを2打で沈めてホールアウト。約1メートルのパーパットを強めにねじ込むと、観客からの拍手に笑顔で応えた。

パターの調子が戻ってきたのに対し、「なかなか(いいパットを)打てる距離につけられなかった」と、この日はロングパットを残したショットに少しの課題が残るが、それでも3バーディ・1ボギーの「70」とまずまずのスタート。「今日みたいに安定したゴルフができれば、カットラインらへんで戦うことが少なくなると思う。焦らずにやっていけたらいいなと思います」と、久々の日本での上位争いも見えてきた。

北海道での戦績だが、19年の「ニッポンハムレディス」で単独7位、「北海道meijiカップ」では13位タイ、「ニトリレディス」で単独5位と上位フィニッシュを決めた。「ショットは修正しがいがあるので、まだまだ明日チャンスはあると思う」。今年も北海道を賑わせてくれそうだ。(文・谷口愛純)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加