宮城野親方 まげ姿で弟子・落合と新十両会見「まさかのことが」 二人三脚で綱目指す

宮城野親方 まげ姿で弟子・落合と新十両会見「まさかのことが」 二人三脚で綱目指す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/26
No image

新十両昇進が決まり、師匠の宮城野親方(右)と握手をかわす落合(日本相撲協会提供)

日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会義を開き、落合(19)=宮城野、玉正鳳(29)=片男波=の新十両昇進、友風(28)=二所ノ関、徳勝龍(36)=木瀬=の十両昇進を決めた。落合の師匠・宮城野親方(元横綱白鵬)にとっては、昨年7月に師匠となってから初めての弟子の関取昇進となった。

28日の引退相撲を控え、かねて望んでいたまげ姿での弟子との新十両会見が滑り込みセーフで実現。「まさかまさかのことがあるんだなと。これ以上のプレゼントはない。逆に落合に感謝しています」と目尻を下げた。

未来の角界を担う逸材を預かった。いきなり結果を出したまな弟子に「すごい19歳。師匠と同じように10代で横綱を倒してほしいな」と笑みが絶えず。「自分が大相撲を引っ張っていくんだという気持ちで頑張ってほしい」と期待を込めた。

一方で責任もひしひしと感じている。会見前、落合には「これから大変だぞ」と言葉をかけた。それは自身も同じだ。「昭和以降1場所で関取になったのが落合だけ。期待は大きいし、責任感を感じている。落合と一緒に横綱目指して頑張っていきたい。大相撲発展のために、横綱大関を作るのが自分の義務」と気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加