愛した男はスパイなのか?リー・シンジエ×阿部寛の共演作「夕霧花園」予告公開

愛した男はスパイなのか?リー・シンジエ×阿部寛の共演作「夕霧花園」予告公開

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/06/10

リー・シンジエ(英語名:アンジェリカ・リー)と阿部寛が共演したマレーシア映画「夕霧花園」の予告編がYouTubeで公開された。

No image

「夕霧花園」メインビジュアル

すべての画像・動画を見る(全17件)

第2次世界大戦におけるマレーシアの歴史と、1組の男女の切ない恋を題材にした本作。亡き妹の夢である日本庭園造りに挑むヒロイン・ユンリンと、謎めいた日本人庭師・中村の関係が3つの時間軸を通して描かれる。1940年代、1950年代のユンリンをリー・シンジエ、1980年代のユンリンをシルヴィア・チャンが演じ、中村に阿部が扮した。

No image

1980年代、マレーシアで史上2人目の女性裁判官として活躍するユンリンはかつて愛した中村がとある財宝にまつわるスパイとして指弾されていること知り、彼の潔白の証拠を探すことを決意する。映像には中村に出会い惹かれていく若き日のユンリンと、中村がスパイであったのかどうかを探る1980年代のユンリンの姿が収められた。

「九月に降る風」などで知られる台湾出身のトム・リンが監督を務め、リチャード・スミスが脚本を手がけた「夕霧花園」は7月24日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開される。

(c)2019 ASTRO SHAW, HBO ASIA, FINAS, CJ ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加