【確定申告もう終わった?】会社員のための超簡単!確定申告ガイド

【確定申告もう終わった?】会社員のための超簡単!確定申告ガイド

  • withonline
  • 更新日:2022/01/15

フリーランスに限らず、ふるさと納税などをすることで会社員でも確定申告が必要な人がいます。でも、「どんな時に確定申告すればいいの?」「やり方は?」「どれくらい還付金が戻ってくるの?」とわからないことがいっぱいですよね。今回は、そんな初心者さん向けに「ここだけは抑えておきたい確定申告のポイント」をご紹介。うっかり申告漏れで損することがないようチェックしておきましょう!

会社員でもお金が戻ってくる控除リスト

会社員が確定申告することで還付金がもらえる控除があります。自分に当てはまっているかをチェックし、もらい忘れのないようにしましょう!□ふるさと納税ほか寄付をした人(寄付金控除)□医療費を 10 万円以上払った人(医療費控除)□家族で 12000 円以上の医薬品を買った人(医療費控除の特例/セルフメディケーション税制)□株取引で損をした人(損益通算と繰越控除)□マイホームの売却で損をした人(損益通算と繰越控除)□今年、住宅ローンを組んだ人(住宅ローン控除)□配偶者と死別した人(寡婦控除)□離婚して子どもがいる人(ひとり親控除)□災難・盗難に遭った人(雑損控除または災害減免法)□家族にフリーランスや自営業者がいる人(配偶者控除または配偶者特別控除)□「経費」が多くかかった人(特定支出控除)□年末調整で控除の適用漏れがあった人特に、太字の控除は会社の年末調整では申請できず、確定申告をしないとそのまま還付金をもらい損ねてしまいます!

意外と知られていない「特定支出控除」とは?国税庁によると、会社員でも以下のような費用があった場合、確定申告によって所得税の控除対象になるそうです。・通勤費・職務上の旅費・転居費・研修費・資格取得費・単身赴任による帰宅旅費・65万円以内の勤務必要経費・図書費・制服、作業服などの衣服費・交際費、接待費これらはすべて会社側が証明したものに限られますが、条件が整えば還付金が戻ってくるので覚えておいて損はありません!

会社員でも確定申告が必須になる人

会社員でも確定申告が「義務」となっている人がいます。下に当てはまる人は、控除のあるなしに関わらず確定申告をしましょう!☐給料が2000万円以上の人□複数から給与を受け取っている人□年の途中で退職・転職した人□副業で20万円以上稼いだ人□不動産(土地・建物)を売却した人□株取引で特定口座になっている人□年金や贈与を受けた人□保険金を受け取った人□賞金などの一時金をもらった人特に、副業や兼業をしている人は申告漏れのないように気をつけてくださいね!

フリマアプリ売上金は、基本的に確定申告不要。ただし例外も!近年は、フリマアプリで自宅の不用品をどんどん売っている人も多いはず。一方、「売上金って確定申告しなければいけないの?」という疑問の声もよく聞かれます。メルカリガイドによると、自宅の服や生活用品を売却した収入は、基本的に確定申告は不要とのこと。ただし、売ったものが1点30万円以上の貴金属または美術品なら確定申告が必要になるなど一部例外もあるようです。もし、フリマアプリで副業ボーダーラインである20万円以上の売上があったら、確定申告の是非を自分で調べるか最寄りの税務署に相談するか、いずれかの方法でしっかり確認することをおすすめします。

確定申告はいつ・どうやってするの?

確定申告の期間は、翌年の2月16日から3月15日と決まっています。ただし、還付金をもらうための控除申告のみなら、翌年1月1日から5年間いつでも可能です!確定申告するための必要書類は、下の3つ。・確定申告書(国税庁のサイトからダウンロード可)・給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)・生命保険料控除証明書や医療費などの領収書提出方法は、下の3つから選ぶことができます。・税務署に直接提出・e-Tax(PC・スマホで入力)・郵送おすすめはe-Tax。外出も手書きも不要なので、もっとも時短で確定申告が完了できると思います。

ふるさと納税だけならワンストップ特例が楽!ワンストップ特例とは、確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる制度のこと。この特例を受けるための条件は2つです。・ふるさと納税先の自治体数が5団体以内・寄付の際に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送る必要がある(翌年1月10日期限)「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は、寄付した自治体すべてに送らなければいけないので手間と感じるかもしれませんが、確定申告よりもはるかに簡単な手続きです。ここまで挙げた控除や確定申告の条件を見ても「ふるさと納税しか当てはまらない」という人は、わざわざ確定申告をするよりも期限内にワンストップ特例を利用して楽に還付金を受け取りましょう!この記事を書いたライターは?齋藤めぐみマネーライター、「主婦の学びなおしブログ」運営、放送作家アシスタント。多数Webサイトに寄稿しながら、テレビ・ラジオ・雑誌でコメントを披露。私生活では2児の母、夫は転勤族。

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加