ビーレフェルト加入の堂安律、カップ戦でドイツデビューも見せ場作れず。4部チームに敗れる

ビーレフェルト加入の堂安律、カップ戦でドイツデビューも見せ場作れず。4部チームに敗れる

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/09/15
No image

ドイツデビューを飾った堂安。(C)Getty Images

現地時間9月14日、DFBポカールの1回戦が行なわれ、オランダ1部のPSVからレンタルでビーレフェルトに加入した堂安律がドイツデビューを果たした。

4部リーグのエッセンとの対戦で、堂安は4-3-3の3トップ右で先発。今シーズン初、そして移籍後初の公式戦となった。背番号8は前線のクロス、ソウコウと連係してポジションを入れ替えながら、得点のチャンスを伺う。

しかし、先制はエッセンだった。試合は31分にロングフィードの対処に追われ、ゴール前でバタついたビーレフェルトの隙をついたエッセンのサイモン・エンゲルマンが流し込んで1点を奪う。

追いかけるビーレフェルトは後半開始から2枚を入れ替え、積極的に攻勢を仕掛ける。51分には堂安が右サイドからパスを受けてシュートを放つも、これはポストに当たってしまう。

その後も攻勢を強め続けるが、1点が遠いビーレフェルト。だんだんとラフなプレーも目立つなか、68分にコルドバがペナルティエリアギリギリ外で倒され、FKを獲得。しかし、ハーテルの放ったキックはポストを叩いてしまう。弾いたところをシュートで押し込むも、これはコーナーに逃げられ、最大のチャンスを逸した。

どうにか1点を取り返したいビーレフェルト。堂安は78分にノエル・ニーマンと交代でピッチを去る。得点に繋がるような見せ場を作ることはできなかった。

試合はそのまま0-1で終了し、今季ドイツ1部に昇格したビーレフェルトが敗れている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加