ダウン症の息子持つ奥山佳恵「障がいが重度であるほど表に出てほしい」

ダウン症の息子持つ奥山佳恵「障がいが重度であるほど表に出てほしい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

奥山佳恵

女優・奥山佳恵(46)が22日、ブログを更新。ダウン症である次男・美良生くん(9)についての思いをつづった。

21日に行われたイベントで、「ダウン症のある美良生が今も小学校の通常級に通っている経緯や理由や今の現状」などについて語ったことを説明した。

「障がいのある子を持つ親としてどんな制度があったらいいか」という質問があったというが、奥山は、制度、ではなく、『こうであってほしい』と思うこととして、「障がいが重度であればあるほどおもてに出てほしい!」と記し、「ここにいます、存在してます、地域で暮らして生きてます。ってこと、何にも臆せず。伝え続けてほしいと思う!」と強く願った。

いろいろな障がいを持っている人を、見て、知ることで、分かることは多いという思いをつづり、「たくさんの方におもてに出てきてほしいし おもてに出てこられる環境であってほしい」とも。

そして「『あなたはあなたのままでいいよ』って言ってもらえたら、私は嬉しい。だから みんなでそう言い合えたらなんて生きやすい世の中!」と偏見ではなく、ありのままの姿を受け入れる世の中であってほしいとの思いをつづっていた。

奥山は02年6月に長男を、11年9月に次男を出産。ブログには、次男の話題もひんぱんに登場している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加