阪神が「ラッキー」勝ち越し点 5回の好機で相手の三塁手オスナが大暴投

阪神が「ラッキー」勝ち越し点 5回の好機で相手の三塁手オスナが大暴投

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇セ・リーグ ヤクルトー阪神(2021年5月4日 神宮)

No image

<ヤ・神(6)> 5回1死、阪神・近本は右翼線二塁打を放つ(投手・田口)(撮影・大森 寛明)

阪神が同点に追いつかれた直後の5回、まさかの大暴投で勝ち越しした。

先発・西勇が2連打を浴びて同点を許した直後の5回だった。1死から近本が右翼への二塁打で好機を演出した。けん制球が逸れて二走・近本が進塁して1死三塁も糸原は空振り三振。マルテはゴロに打ち取られたかと思いきや、相手三塁・オスナが一塁へ悪送球。その間に三走・近本が勝ち越しの本塁を踏んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加