けが人続出のレアル・マドリード、次戦はフィールド選手わずか13人...

けが人続出のレアル・マドリード、次戦はフィールド選手わずか13人...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/23
No image

ジダン監督

スペイン1部リーグ、レアル・マドリードが負傷者続出で18日(日本時間19日未明)のリーグ、ヘタフェ戦に第3GKを含め16選手で臨むことになっている。

スペイン複数メディアの報道によると、スペイン代表のDFセルヒオ・ラモスとDFカルバハル、ベルギー代表MFアザールといったこれまでの戦線離脱選手に加え、前節のバルセロナ戦でFWルーカス・バスケスが、17日にはフランス代表DFメンディも負傷。さらにDFナチョ・フェルナンデスとブラジル代表MFカゼミーロの2人が出場停止処分となるため、戦力として計算できなくなっている。

特に守備陣が手薄になっており、下部組織のDFチュストを含めた4選手しかメンバーに入っておらず、この顔ぶれで4バックを構成すると予想されている。

また攻撃の中心、FWベンゼマはチャンピオンズリーグのリバプール戦での接触プレーによりフィジカル状態が万全ではないとの見方がある。招集メンバーには入っているものの、マルカ紙では今節ベンチスタートで様子をみるのではと予想している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加