PCR検査を受けるときに「あると助かるもの」 阿佐ヶ谷姉妹が明かす

PCR検査を受けるときに「あると助かるもの」 阿佐ヶ谷姉妹が明かす

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/05
No image

(写真提供:JP News)

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の妹・木村美穂が、3日に公式ブログを更新。舞台稽古の前にPCR検査を受けたそうだが、唾液による検査は人によっては大変なこともあるそうで…。

■梅干しやレモンの写真

最近の通院事情やラジオでの話題に触れつつ、木村は今年6月に予定されている『水谷千重子 50周年記念公演』の稽古が始まるため、コンビで揃ってPCR検査を受けたことを明かす。

記事内には、検体採取用の容器を手に、眉をひそめながらカメラを見つめる木村の写真もアップされており、「唾液を容器に取っている所で、部屋に梅干しやレモンの写真がなかったので、携帯電話で梅干しの写真を出して唾液を出しています」と木村。

関連記事:だいぶ強烈なPCR検査体験談 「会場が謎の古民家」「咳する人と3密待機」

■結果は2人とも陰性

「梅干しをかみしめているのを想像」して、何とか唾液を取ることができたそうで、検査結果については「幸い陰性でした。姉も陰性でした」とのこと。

ブログ読者からは、「陰性」の報告に安堵する声とともに、「唾液採取は意外と大変なんですね」「携帯見ながらのPCR検査に笑ってしまいました」と、受けたことがない人にとっては貴重な体験談への反響も目立っている。

■人によって大変さが違う?

唾液によるPCR検査について、手術を受けるために、最近PCR検査を受けたという女性は、「検体を取る部屋に梅干しやレモンの写真が貼ってありましたが、とくにそういったものを見なくても、気合いで出しました」と話していた。

唾液を出すことを大変と感じるかどうかは個人差も大きい。結果が不安で思うように…という場合も想定される。もし、検査を受けることになった場合には、自分なりの唾液対策を考えておくと良さそうだ。

■PCR検査を受けてみたい?

現在では、必要とする人が受けられるようになってきたPCR検査。ちなみに、しらべぇ編集部では2020年4月に全国の10代~60代の男女1,880名を対象に「PCR検査」に関する意識調査を実施。その結果、「PCR検査を受けたいと思ったことがある」と回答した人は、全体で4.8%ほどだった。

No image

無事に陰性であることが分かった阿佐ヶ谷姉妹の2人。個人の努力ではどうにもできない状況が続く中、無事に公演ができることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→コロナ抗体検査キット、約10分間で「過去の疑念」を払拭させる代物だった

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加