金谷拓実が暫定7位「難しかったです。風が強くなって...」

金谷拓実が暫定7位「難しかったです。風が強くなって...」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

第61回中日クラウンズ「第2日」5アンダーでホールアウトし天を仰ぐ金谷(撮影・森本幸一)

<国内男子ゴルフツアー:中日クラウンズ>◇第2日◇1日◇愛知・名古屋GC和合C(6557ヤード、パー70)◇賞金総額1億円(優勝2000万円)※賞金ランク加算額は75%◇無観客開催

20-21年シーズン2勝の金谷拓実(22=フリー)が3バーディー、4ボギーの71で通算5アンダー。スタート前の首位から暫定7位に1歩後退した。

「難しかったです。風が強くなって、グリーンも(乾いて)硬くなった。第1打でフェアウエーを外すことが多く、第2打が難しくなって、ボギーが増えてしまった」。パー4、5以外でも4ホールのパー3で3ボギー。何とか粘ってスコアをまとめた形だ。

2打差を追う最終日だが、闘志は一向に衰えていない。「とにかくバーディーを多くとりたい。優勝したい。ベストを尽くし、100%のプレーをしたいです」。プロ転向後、ツアー出場7戦目での3勝目へ、貪欲だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加