中川翔子「本当に怖かったです。『硫酸かける』っていう言葉」誹謗中傷被害を振り返る

中川翔子「本当に怖かったです。『硫酸かける』っていう言葉」誹謗中傷被害を振り返る

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

中川翔子

タレント、中川翔子(36)が13日、自身のYouTubeチャンネルを更新。ネット上での誹謗中傷について振り返った。警視庁中野署は7日、中川に対し「自殺しろ」などとインターネット掲示板に書き込んだとして、脅迫と侮辱の疑いで東京都内の20代男性を書類送検した。

動画内で「何カ月にも渡って執拗に誹謗中傷、中には命に関わるような『硫酸かけるぞ』『自殺しろ』とか、ものすごい勢いで書かれ続けていました」と明かした中川。「本当に怖かったです。『硫酸かける』っていう言葉ってやりかねない。そういう事件も現にありましたし」と、恐怖を感じる日々だったという。

「誹謗中傷に対して動き出している有名人も多い。少しずつ時代の潮目も変わってきた」とし、自身も「『抑止』につながればいいなと思いました。少しでも誹謗中傷の負のスパイラルが止まればいいなと思いました」と警察に相談した理由を明かした。

その後は、アトム法律事務所の弁護士、岡野タケシ氏とネット上の誹謗中傷に関するトークを展開。最後に「被害者なのに泣き寝入りだったりしないで。警察に相談していいということなので、我慢しないで、警察に相談してください。警察はちゃんと動いてくれると思います」と訴えかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加