「OPPO Watch 41mm」と「OPPO Enco W51」が9月18日に発売

「OPPO Watch 41mm」と「OPPO Enco W51」が9月18日に発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

OPPOは9月15日、販売開始が遅れていたスマートウォッチ「OPPO Watch 41mm」のシルバーミストと、完全ワイヤレスイヤホン「OPPO Enco W51」のスターリーブラックを9月18日から、「OPPO Watch ストラップ」を9月26日から発売する。価格は「OPPO Watch 41mm」が税込25,800円、「OPPO Enco W51」が税込15,800円、「OPPO Watch ストラップ」が税込5,800円。

指原さんと木梨さんが新スマホ紹介! 完全ワイヤレスやスマートウォッチも登場したOPPO発表会

○OPPO Watch 41mm

「OPPO Watch 41mm」は、さまざまなテクノロジーサービスを提供するハブとして活用する考えから生まれたスマートウォッチ。同社独自の急速充電技術「VOOC」に対応した「Watch VOOC フラッシュチャージ」を搭載し、約75分で満充電でき、通常モード時で約24時間(省エネモード時で最大2週間)使用可能。

ディスプレイは1.6インチ(320×360ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載。Wear OS by Googleを内蔵し、Google Playの対応アプリをインストールして活用できる。ケースはアルミ合金の41mm。

機能面では、体脂肪の燃焼状況を画面に表示しながら音と振動でランニングをサポートする機能、5分間でできる運動を音声で案内する機能、水泳距離などを検出し理想的な運動時間を設計する機能、AIによる睡眠の深さ・時間を計測する機能などを備える。防水性能は3気圧防水対応。

本体サイズはW41.45×D36.37×H11.4mm、重さは約30.1g(本体のみ)。プロセッサはQualcomm Snapdragon Wear 3100 / Ambiq Micro Apollo 3。本体のストレージは8GB。通信はBluetooth 4.2のほか、IEEE802.11b / g / nにも対応する。対応OSはAndroid 6.0以降 / iOS 12.0以降。
○OPPO Enco W51

「OPPO Enco W51」は、防水・防塵性能、ノイズキャンセリング機能などを備えた完全ワイヤレスイヤホン。スマートフォンから転送されるデータを両方のイヤホンで受信する「左右同時転送」により、安定した通信が可能だという。2機種ともマイクを搭載し、スマートフォンと接続して通話も可能。

ANCとトリプルマイクによる最大35dBのノイズキャンセリングが特徴。バッテリ駆動時間はイヤホン単体で約3.5時間、ケース併用時で最大9時間再生でき、急速充電やワイヤレス充電(Qi)にも対応。スマートフォンからのリバース充電も行える。防水性能はIP54に準拠する。重さは片耳約3.95g。
○OPPO Watch ストラップ

「OPPO Watch ストラップ」は、スマートウォッチ「OPPO Watch 41mm」用のストラップ(バンド)で、41mmモデルのみに対応した別売オプション。展開カラーは「OPPO Watch 41mm」と同じ、ブラック / ピンクゴールド / シルバーミスト。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加