『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』めるるの演技が高評価「演技上手い」「役者いける」

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』めるるの演技が高評価「演技上手い」「役者いける」

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2021/10/14
No image

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』日本テレビ公式サイトより

10月13日、女優の杉咲花(24)が主演を務める連続ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)の第2話が放送され、平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。

同ドラマは、白杖を使って生活している弱視の少女・赤座ユキコ(杉咲)と、杉野遥亮(26)演じる根は純粋なヤンキー・黒川森生によるラブコメディ。漫画家・うおやま氏の人気漫画『ヤンキー君と白杖ガール』(KADOKAWA)が原作となっている。

第2話は、盲学校の友人・紫村空(演:田辺桃子・22)と映画に行く約束をしていたユキコが、待ち合わせのため通学路を歩いていると森生に再会。そこで、紫村から体調不良で行けないという連絡が入ったため、ユキコは帰ろうとする。すると、森生が「一緒に映画に行こう」と提案し急遽2人で映画へ…という成り行きに。

一方、森生がユキコと映画デートに出かけたと花男(演:戸塚純貴・29)から聞いたハチ子(演:生見愛瑠・19)は映画を観終わっていい感じの雰囲気になる2人を陰からこっそり見ていたが、なんとその間に割って入る。そして、森生が席を離れた隙に、ハチ子は「森生は目の前で困っている人を放っておけないだけ」だと言い、「私もこれ(白杖)持ちたいな」「そしたら森生、私のこと放っておけなくなってずっと一緒にいれるかも」とユキコに意地悪な言葉を投げかける。

白杖を持つまでに様々な葛藤を抱えていたユキコは、ハチ子の心無い言葉に「じゃあ、持てば?持ってみればいいじゃん」と強がり、森生にも「私困ってないし!白杖だって同情されたくて持ってるわけじゃない」「私の気持ちなんて分かるワケない」と告げ、その場を去る……という展開になった。

森生に想いを寄せているハチ子からすると、森生とユキコが上手くいっている姿が面白くないのだろうが、視聴者からは「持たないと歩けない人に対して言ったらいけないやつじゃん」「冗談でも絶対言われたくない」「白杖持ちたいは一番言っちゃいけない言葉だよねぇ…誰も望んで見えなくなったわけじゃないんだし…」「ドラマでもイラつくわ。こんなん言ったら友達でも引くわ」と大ブーイングだった。

「秋ドラマでは、他のドラマより1週間早くスタートした『恋です!』は、2週目にして早くも視聴者を引き込んでいます。“天然で一途”な森生×強気だけど恋に臆病な“ユキコ”という2人の恋路を邪魔するのがハチ子なのですが、演じる生見については視聴者から『めちゃくちゃ演技上手いな』『バラエティだけじゃなく役者いけるんじゃん』『めるるの嫉妬してる感じが自然で良かった』とかなり評価されています」(芸能ライター)

リアルすぎるゆえにブーイングが集まってしまっためるるだが、役者としては成功と言えるのではないだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加