巨人岡本が7打席目で日本S初安打“らしい”打球

巨人岡本が7打席目で日本S初安打“らしい”打球

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 6回裏巨人1死一塁、中前打を放つ岡本(撮影・河野匠)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

巨人岡本和真内野手が、シリーズ初安打をマークした。5点を追う6回1死一塁。石川の高め146キロを中前に、はじき返した。

第1戦は2四球を選んだが、2打数無安打。シリーズ7打席目で、力感のない“らしい”打球を放った。福岡に移動しても、打ち気に急がず、好球必打に努める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加