[DATAで見るケータイ業界] 2020年度の国内キャリア設備投資は前年度比8.1%増の2.6兆円、楽天の投資拡大が寄与

[DATAで見るケータイ業界] 2020年度の国内キャリア設備投資は前年度比8.1%増の2.6兆円、楽天の投資拡大が寄与

  • ケータイ Watch
  • 更新日:2021/10/15

MCAは、国内主要キャリア各社の設備投資に関する調査を実施し、その結果を調査資料「主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2021年版」として取りまとめた。そこで今回から3回にわたり、同資料をもとに各社の設備投資動向について取り上げたい。

楽天モバイルの投資拡大が国内キャリア投資額を底上げ

2020年度の国内市場におけるキャリアグループの合計設備投資額は前年度比8.1%増となる2兆6322億円となった。

NTTとKDDIグループが横ばいで推移する中、ソフトバンクと楽天グループの投資拡大が大きく影響している。

今後、大手キャリアグループの投資推移は横ばいとみているが、楽天モバイルの大幅投資は2023年度まで続く見込みである。2024年度には、5Gに向けた投資も一段落する見通しで、キャリアグループの合計投資額は2兆2658億円と落ち込みをみせる。

No image

MCA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加