フォーシーズンズホテル東京大手町 メインダイニング「est」で華やかなランチを

フォーシーズンズホテル東京大手町 メインダイニング「est」で華やかなランチを

  • Marisol ONLINE
  • 更新日:2022/08/06

毎日暑さで溶けそうですが、久しぶりに爽やかで優雅なランチを頂いてきました。

いや〜暑いという言葉しかないですね。10年くらい前まで、クーラーを年数回しかつけない程クーラーが苦手な性分だったのが今や考えられません。我が家のクーラーは24時間フル稼働でございます。

さて、暑さにクラクラする日々の中、先日久しぶりに華やかなランチを頂きに行ってきました。

場所はフォーシーズンズホテル東京大手町。個人的に大好きなホテルで、ここのバー「VIRTU」やラウンジ「THE LOUNGE」も激しくオススメです。

今回ランチに訪れたのはホテルのメインダイニング「est(エスト)」。ヘッドシェフのギョーム・バラカヴァル氏のお料理と、ペストリーシェフのミケーレ・アッバテマルコ氏のデセールがいただけます。

No image

estのエントランス

店内は天井がとても高く、全面がガラス張りになっていてとにかく明るく爽やか、優雅な雰囲気。

No image

ワインペアリングをお願いしてランチスタートです。

No image

ドラピエで乾杯

No image

アミューズはウニの下にトウモロコシのピューレとマッシュルームのジュレ。つぶつぶのトウモロコシも入っていて食感も楽しい濃厚だけれど夏らしく爽やかな一品でした。

牛タンラビゴットは、上に揚げたポテトと蒸したポテトがのって見た目も可愛らしい。牛タンのジュレが下に隠れています。

No image

アミューズ ウニとトウモロコシ

No image

牛タン ラビゴット

私はメインを鴨に。テリテリぷりっぷりの鴨を見せていただき、その美しさにビックリでした。

No image

プリプリテリテリの鴨

No image

鴨 ポレンタ カカオ

友人のメインは鰹。ブッラータに黒トリュフが混ざったものが添えてあって、こちらもかなりよだれモノでした。

No image

鰹 ブッラータ レタス

デザートはフレッシュな桃と、桃のコンポート、そしてミントが使われた一皿。色々なアート作品からのインスピレーションを取り入れてデザートにするアッバテマルコさん、さすが見た目も華やか美しい…。

No image

桃 ハーブ アーモンド

最後のプティフルールもとても可愛らしいものでした。

No image

プティフルール

ホテルのメインダイングって少々かしこまった空間ではあるのですが、その少し緊張感をもってお食事を頂く雰囲気にひさびさに身が引き締まったのも嬉しい時間でした。

もちろん気さくなソムリエさんやギャルソンの方のお陰でリラックスした雰囲気ではありましたが、きちんとした場所へきちんとした装いで行くという刺激がたまには必要だなと思ったのでした。

est
東京都千代田区大手町1-2-1
フォーシーズンズホテル東京大手町 39F

Instagramも更新中。お気軽にのぞきにきてください!

▶︎mikoのInstagram(休日服編)

▶︎mikoのInstagram(旅編)

No.193 miko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加