寺田稔議員 自民党広島県連会長も辞任の意向 総務相辞任に続いて...

寺田稔議員 自民党広島県連会長も辞任の意向 総務相辞任に続いて...

  • 広島ニュースTSS
  • 更新日:2022/11/25
No image

TSSテレビ新広島

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

政治資金をめぐる問題で総務大臣を辞任した広島5区選出の寺田稔衆議院議員が、自民党広島県連の会長も辞任する意向を示したことがわかりました。

関係者によりますと寺田前総務大臣は、25日までに自民党広島県連の会長職を辞任する意向を固め、県連幹部に伝えたということです。

寺田氏をめぐっては後援会の政治資金報告書の会計責任者が、すでに死亡した人の名前で提出されていたほか、去年の衆議院選挙で、選挙運動員に報酬を支払っていたなどの疑惑が持たれています。

寺田氏の辞任は来週にも正式に決定する見通しとなっています。

一方、後任の県連会長には衆議院広島2区選出で5期目を務める平口洋氏を軸に調整が進められるものとみられています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加