NPB養成専門アカデミー設立 元巨人・星野真澄氏や元西武・中崎雄太氏が講師役

NPB養成専門アカデミー設立 元巨人・星野真澄氏や元西武・中崎雄太氏が講師役

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

NPB養成専門アカデミー設立を発表した(左から)元巨人の星野氏、アカデミー責任者の江部氏、元西武の中崎氏(エイジェックスポーツマネジメント提供)

エイジェックスポーツマネジメントは14日、オンラインで「NPB専門養成アカデミー」を目的としたトレーニング・プロフェッショナル・アカデミー(TPA)の設立記者会見を開いた。

同アカデミーは元巨人・星野真澄氏や元西武・中崎雄太氏といったNPBを経験した選手が講師役を務め、野球の技術指導をするとともに座学ではトレーニング学や栄養学などの専門知識を身につけることができる。練習ではトラックマンを常に活用。責任者の江部達也氏は「一人でも多くNPBに輩出できるような環境を」と意気込んだ。同グループである社会人野球のエイジェックやBC栃木との交流で、実戦感覚を養っていくことも視野に入れている。

4月7日開校予定で週5日制、在学期間は2年を想定している。入学時期は4、10月の2回。コロナ禍の影響を受けて1月末に予定されていた入校トライアウトは中止となったが、2、3月での実施を進めており、30人程度のアカデミー生の受け入れを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加