「VTuberも人間」ソニーミュージック、VTuberプロジェクト「VEE」発表

「VTuberも人間」ソニーミュージック、VTuberプロジェクト「VEE」発表

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/07/22
No image

Sony Music(ソニーミュージック)が、史上最大規模のVTuber(バーチャルYouTuber)育成&マネジメントプロジェクト「VEE」の発足を発表した。

【画像をもっと見る】

同プロジェクトから50人を超えるVTuberがデビューすることが目標。これまで長きにわたってエンターテインメント事業を行ってきたSony Musicのノウハウを用いて、VTuberたちの活動をサポートしていく。

またプロジェクトの発足に際し「VEE バーチャルタレントオーディション」の開催も発表。

応募期間は、本日7月20日(火)17時から9月30日(木)23時59分まで。

「VEE バーチャルタレントオーディション」【応募期間】2021年7月20日(火)17:00〜2021年9月30日(木)23:59

【応募条件】16歳以上の方1年間以上継続的に活動が可能な方絶対に諦めたくない“夢”がある方※性別は不問※日本国内在住者に限る※未成年者の方がご応募される場合、親権者の同意が必要

【応募方法】下記オーディション特設サイトより応募を受付

VTuberも人間と明言するプロジェクト「VEE」

No image

生身でなくキャラクターの姿でアーティスト活動、トーク、ゲーム実況などYouTubeでの配信をメインに活動するVTuber。

近年、その活躍の場はYouTubeだけにとどまらず、ライブステージやTV番組・CMなど、様々な「リアル」の場に拡大している。

「VEE」は、そんなVTuberという存在の可能性をもっと広げたいという意思と、VTuberへのケアの必要性のもと発足されたプロジェクトだ。

オーディション参加者の募集に寄せて「VEE」からメッセージが届いている。

VTuberも、人間だよ。

人間だから、夢を追い続けるために仲間が必要。人間だから、成長のためにレッスンや大きな舞台が必要。人間だから、心身のケアをするサポートや休暇の体制が必要。

バーチャルライバー/ VTuberは、キャラクターであると同時に、才能あるひとりの「人間」であるはず。

だからこそ、数々のタレントやアーティストたちに寄り添い続ける中で、才能を見出し、潰さず、伸ばし続けることを事業としてきた、私たちSony Musicにしかできないことがきっとある。

「VEE」は、私たちがこれまで培ってきたあらゆるプロデュースやマネジメントの知見を、資産を、環境を、惜しみなく提供する新しいバーチャルタレント育成&マネジメントプロジェクトです。

「VEE」からバーチャルタレントとしてデビューする才能たちが、私たちとともに、仲間たちともに、より高く、より長く飛べる存在になれるのなら。それは、まだ見ぬ才能たちにとっても、ファンの方々にとっても、幸せな選択肢になる。

今回の「VEE バーチャルタレントオーディション」で募集するのは、何者かになりたいあなた。性別も、容姿も、得意なジャンルも、配信経験も、国籍も一切不問。

リアルに関係なく、自分の世界観づくりに集中できる。リアルタイムで、仲間たちと物語をつくっていける。これまでのキャリアに関係なくチャレンジできる。バーチャルライバー/VTuberの可能性は、まだ開拓の途上です。

あなたの才能が花開き、世界に認められ、夢を叶えるその日、その先まで、私たちはキャラクターとあなた自身に、全力で寄り添いつづけます。

区別しない、奪わないなど「VEEの3つの約束」

プロジェクト解禁にあわせて、オーディションサイトには「VEEの3つの約束」と題したテキストも掲載。

「Sony Musicのアーティスト/タレントと区別しません」「大きな舞台へのチートは用意しません」「名前やキャラクターを奪いません」──2017年末から現在に至るまでのVTuberシーンを踏まえたうえで、「VEE」としてのスタンスを打ち出したとみられる。

3つ目の「名前やキャラクターを奪いません」の項目では、「私たちでサポートしきれないキャリアまで含めて、あなたの活動を止めないように継続的にキャラクターを使用できる環境を目指します」と明言。

新しいジャンル・カルチャーであるがゆえに、たびたび議論が巻き起こっているVTuberシーン。そうした歴史を経て、このタイミングでSony Musicが立ち上げた「VEE」からは、果たしてどんなアーティスト/タレントが生まれるのだろうか。

1.Sony Musicのアーティスト/タレントと区別しません。VEE所属メンバー全員を、Sony Musicのほかのアーティスト/タレントとおなじく一人のプロフェッショナルとして扱います。 Sony Musicがこれまでやってきた通り、あなたが持つ個性や才能を共有し、それをより多くの人に届けるために、あらゆる手を尽くします。 楽曲、ライブ、グッズはもちろん、あなたが目指すあらゆるフィールドでの展開をいっしょにつくらせていただきます。無理をして心身を壊さないよう、サポートも欠かしません。 VTuberだからと線を引かない、引かせない環境を目指します。

2.大きな舞台へのチートは用意しません。あなたの才能や努力に見合った最高の舞台は用意します。配信収益の還元率も最高水準を目指します。 日々のサポート、大型のライブ、海外への発信、コマーシャル出演などはもちろんこと、多種多様なみなさんの夢を叶えるための支援は一切惜しみません。 ただし、それは一足飛びにあなたの夢を叶えるというチートを用意するということではありません。実力に見合わない下駄をはいていると思われては、世界は認めてくれません。 ファンのみなさんと、VEEの仲間たちと、自分の才能を磨き、本物になっていただき、夢を掴み取っていただければと思います。

3.名前やキャラクターを奪いません。VEEではあなたが長くキャラクターを使った活動ができる環境整備に全力を注ぎます。その一環として、名前やキャラクターの権利を、将来的にみなさんと共有できればと考えています。あなたの才能とともに育ててきたキャラクターは、あなた自身のキャリアであり、大切な資産です。私たちでサポートしきれないキャリアまで含めて、あなたの活動を止めないように継続的にキャラクターを使用できる環境を目指します。「VEEの3つの約束」より

No image

Sony Music VTuberプロジェクト「VEE」キービジュアル

No image

Sony Music VTuberプロジェクト「VEE」キービジュアル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加