関西学生アメフット 関大LB青根 敗色ムード一掃し逆転勝利 準決勝は立命大と

関西学生アメフット 関大LB青根 敗色ムード一掃し逆転勝利 準決勝は立命大と

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇関西学生アメリカンフットボール1部秋季トーナメント1回戦 関大24-16京大(2020年10月17日 王子スタジアム)

No image

<関大・京大>4Qタッチダウンを決めポーズを決める関大・青根(撮影・後藤 正志)

関西学生アメリカンフットボール1部のトーナメント1回戦が17日、神戸市の王子スタジアムで行われ、関大は京大を逆転で下し、準決勝に進んだ。

流れを変えたのはLB青根だった。3―13とリードされた第3Q9分12秒に相手ファンブルをリカバーし、そのままエンドゾーンへ。敗色ムードを一掃すれば、RB柳井のTDで逆転した直後の第4Q3分50秒には、インターセプトから38ヤードを走りきるTD。攻めるディフェンスで勝利に導いた。

「学生日本一を目標にやってきた。まだ守備の面でも課題は多い」と青根は頂点だけを見据える。準決勝は昨年撃破した立命大戦。イメージは悪くない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加