山本耕史「実は心外だった」 大河『鎌倉殿-』で義村が上半身露出の理由は...

山本耕史「実は心外だった」 大河『鎌倉殿-』で義村が上半身露出の理由は...

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

山本耕史

俳優、山本耕史(46)が25日、NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)にVTR出演。6日に放送された同局の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・0)第42回で自身が演じる三浦義村が上半身裸になっていた理由を明かした。この日は「鎌倉殿-」で主人公・北条義時を演じる俳優、小栗旬(39)が「プレミアムトーク」のコーナーにゲスト出演した。

「鎌倉殿-」第42回では俳優、市原隼人(35)が演じる八田知家が着用していた着物を脱いで上半身を露出し、砂浜の船を進水させようと綱を引っ張るシーンが放送された。山本演じる三浦義村は進水を見守っているのにもかかわらず、なぜか着物を脱いで上半身を露出していた。謎の露出に視聴者から「なぜ脱いでいる」「どのタイミングか謎だが、八田殿の筋肉に対抗心を燃やしていた平六」などとSNS上でツッコミが入った。

山本はこのシーンについて「僕、なんで脱いだってなってますよね? あれ、僕が台本通りなんですよ。どっちかっていえばイッチー(市原)が脱いだんだから。イッチーが脱いでる設定じゃなかったんですよ」と台本に書かれていた通りに演じたと説明。「僕は『なぜか脱いでいる』っていうのが書かれていて、台本に。僕は台本通りやったんですけど。僕がアドリブだと思われると実は心外だった」と心の内を明かした。

「アドリブなのはイッチー」としつつも、「市原君もすごく(体を)鍛えているし、僕もすごい仲良くしているから、『耕史さんに裸のバトンタッチしますよ』って(話していた)」と仲の良さを強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加