日本時間9月16日午前2時開催のアップルのハードウェアイベントに期待すること

日本時間9月16日午前2時開催のアップルのハードウェアイベントに期待すること

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/09/15
No image

2020年が普通の年だったら、今ごろはiPhoneのイベントが開催されていただろう。しかし今年はさまざまな点で普通ではない。米国太平洋夏時間9月15日午前10時(日本時間9月16日午前2時)にアップルのハードウェアイベントが開催されることになっているが、そこでiPhone 12を目にすることはおそらくないだろう。

アップルは長らく待ち望まれていた5G端末の発売について、少なくとも部分的にはサプライチェーンの問題のために数カ月も遅れていることをかなり率直に認めている。ということは、同社はそれほど遠くない将来に別のイベントを計画していることになる。

関連記事:5G iPhone発表か?アップルのスペシャルイベントは日本時間9月16日午前2時にバーチャル開催

我々はこれまでのサムスンのイベントで見てきたように、各社は新型コロナウイルスの感染蔓延で各種イベントをバーチャルに移行したことで、より多くのイベントを開催することについて少し大胆になっているようだ。

そういった状況を踏まえると、今回のイベントでの発表が期待できるのは、Apple WatchやiPadなど、iPhone以外でアップルの屋台骨を支える製品のアップデートだろう。ほかには、サブクスリプションのバンドルサービスやAirPodsシリーズのラインアップ追加などの可能性もある。

まずは、その中でも最も有力なものから紹介していこう。

Apple Watch

No image

画像クレジット:Brian Heater

「Time Flies」(タイムフライ)という今回のイベントのスローガンは、我々が次期Apple Watchのいくつかの情報を得ていることを前提としているかもしれない。watchOSの最新バージョンの新機能のいくつかをうまく組み合わせることで、我々が待ち望んでいるものをかなり明確に描き出すことができる。

Apple Watch Series 6は、今回のイベントの目玉になりそうだ。新モデルの最大のニュースの1つは、実はある機能がなくなることだ。Series 6では、すでに公開されているwatchOS 7の機能で明らかになっているように、フォースタッチ(感圧タッチ)がなくなる確率が高い。もちろんこれには理由があり、フォースタッチ機構をなくせば時計をスリム化するのに役立つ可能性がある。もしくはそのぶん、バッテリー容量を増やすことができる。

watchOS 7には睡眠計測機能が追加されているため、ユーザーが就寝時にもApple Watchをバッテリー切れの心配なく装着できるように、アップルはデバイスを長持ちさせる方法を見つける必要がある。ユーザーが眠っている間の省電力機能は既にいくつか搭載されているが、より大きなバッテリーを搭載することで大きな違いを生み出し、アップルが他社との競争力を維持するのに役立つだろう。

また、アップルは健康管理の改善に注力し続けるだろう。それは長らくApple Watchの成功のカギとなっている。今回期待される機能としては、SpO2(動脈血酸素飽和度)トラッキングが挙げられる。いわゆるパスルオキシメーターのように血液中の酸素レベルを追跡するスマートウォッチはすでに存在しているが、自宅で健康状態を記録することがますます重要になってくる現在、Apple Watchがこの機能を搭載してもおかしくはない。

ほかにも廉価版モデルが登場する噂もある。具体的には、199ドル前後で販売されているSeries 3を置き換えるたモデルになるようだ。この製品は、新型コロナウイルスの感染蔓延でユーザーが手ごろな価格でヘルストラッキングを始めている現在の需要にかなり応えるものになるだろう。とはいえ、廉価版となる新モデルはデザイン的にも機能的にもそれほど洗練されてはいないだろう。

iPad

No image

画像クレジット:Apple

イベントでは新しいiPadも登場するようだ。最有力候補はiPad Airで、現行モデルは2019年3月に登場している。噂では、次期モデルのiPad Air 4は、ベゼルが大幅に縮小され、Touch IDが搭載された電源ボタンがデバイスの上部に移動するらしい。そのほかの機能としては、10.8インチディスプレイや、LightningポートからUSB-Cへの切り替えなどが考えられる。

その他

No image

WWDCで発表されたすべてのOS、すなわちiOS、macOS、watchOS、tvOSは今週中にベータ版がリリースされるはずで、これらもイベントで紹介されるかもしれない。とはいえ、iPhoneのイベントが別途開催される可能性もあるので、なんともいえない。

またアップルは「Apple One」を発表するかもしれない。これは、Apple TV+やApple Musicなどの同社の主要なサブスクリプションサービスのいくつかをセットにした製品だ。バンドルサービスには、Apple ArcadeやApple News+のほか、iCloudストレージが追加される可能性もある。

長年噂されている「探す」アプリと相性のいい、忘れ物防止タグの「Tile」のようなデバイストラッカー「AirTags」も発表も考えられる。このハードウェアを使えば、「探す」アプリでiPhoneなどと同様に、AirTagsを装着したカギや財布などを簡単に見つけられるようになる。さらには、AirPods 3やAirPods Pro 2、そして待望のオーバーイヤーヘッドフォンのAirPods Studioが発表される可能性もある。

No image

画像クレジット:Bloomberg / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:TechCrunch Japan)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加