「東芝の対応待つ」梶山経産相 指摘の一部を否定

「東芝の対応待つ」梶山経産相 指摘の一部を否定

  • TBS NEWS
  • 更新日:2021/06/11

東芝が去年7月に開いた株主総会について、外部の弁護士が「経産省と東芝が連携し、不当な影響を一部株主に与えた」と指摘している問題で、梶山経済産業大臣は「東芝の今後の対応を待ちたい」と述べました。

「本件は東芝のガバナンスに関することでありまして、経済産業省としてはまずは東芝の今後の対応に関する検討を待ちたいと考えております」(梶山弘志経産相)

梶山大臣は閣議後の会見でこのように述べ、去年7月の東芝の株主総会が「公正に運営されたとは言えない」とする指摘について、まずは東芝の対応を待つ姿勢を強調しました。一方で、「経産省が経産省の元参与に対して、個別の投資家への働きかけを依頼した事実はない」と述べ、指摘の一部を明確に否定しました。

梶山大臣は外部の弁護士が作成した報告書について、「どのような根拠に基づいて断定しているのかが、必ずしも明らかではない」と述べ、外為法の執行に当たって経産省が事業者から情報を得ることはあると説明しました。(11日11:27)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加