最強寒波で厳しい冷え込み...すべての観測地点で氷点下に 高知県内の影響は

最強寒波で厳しい冷え込み...すべての観測地点で氷点下に 高知県内の影響は

  • KUTVニュース
  • 更新日:2023/01/25

10年に一度といわれた寒波、高知県内では一部の交通機関での遅延や水道管の凍結などの影響が出ました。

【写真を見る】最強寒波で厳しい冷え込み…すべての観測地点で氷点下に 高知県内の影響は

10年に一度、「今季最強」といわれた、今回の寒波。予報どおり、25日朝の県内は各地で厳しい冷え込みとなりました。いの町本川でマイナス7.3℃、梼原でマイナス6.4℃など県内16の観測地点全てで氷点下となり、8か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。

(尾﨑大晟アナウンサー)
「午前8時、県庁前交差点です。まだ陽が当たっておらず肌が痛い寒さです。通勤通学の人も肌を見せないような厚着で、行き交う車には、うっすら雪が積もっていますね」

「最強寒波」と言われていたこともあり、普段よりもしっかりと、寒さ対策をしていた人が多かったようです。

「きょうは特別しんどいですね。ただ雪が降らなくて大ごとにならず良かった」
「寒いです、12月末の雪の時みたいに歩いて来ないかんかなと思って早めに起きたんですけど、大丈夫だったんで車で来ました」
「寒すぎて、顔が痛いです」

高知市の最低気温は、氷点下3.9℃。自宅が、冷え込みの影響を受けていたという人も。

「家の水道管が凍ってました。昼くらいにはとけるかなと思って諦めて出てきました。(Q.水道管が凍ったことは?)今までないです」
「子どもが小学生なんですが、給食がなくなってしまい正午に下校になって、たまたま夫が休みだったのでよかったんですけど働くお母さんは大変だなと思います」

高知市上下水道局によりますと、25日は水道管の凍結について15件、水道管の破裂について40件の相談がよせられたということです。

(今橋広海記者)
「いの町本川です。寒波の影響で道路一面が真っ白となっていて、こちらセンターラインが見えない状況となっています」

一方の山間部。5センチほどの雪が積もっていたいの町本川総合支所では今朝から役場の職員たちが雪かきをして。道路や歩道の除雪作業に追われていました。

「寒いんで(雪の)下が凍ってます。(去年)12月の雪よりは大変かなとけるのが。やっぱり交通事故道路の状況が悪いんでみんな気を付けて走っていると思うけれどスリップや水道管の破裂を心配しています」

幡多地域、四万十市の四万十川にかかる赤鉄橋付近でも河川敷が雪で真っ白に。

「すごい寒いですね。路面凍結もしているし危ないですね」
「滑るのでシューズもスパイクシューズはいてきてもうこんなことないので」

県警によりますと24日と25日の2日間で起きた交通事故のうち、半分ほどが、雪や凍結によるスリップが原因とみられています。特に24日の夕方以降と25日朝、中部と西部からの通報が多かったということです。

交通機関は、24日は部分運休していたJR土讃線が25日朝は始発から通常運行。

空の便は成田空港の路面の凍結によりジェットスター・ジャパン成田ー高知間の2便に2時間ほどの遅れが出ました。また、高速バスは雪や強風による通行止めで25日、合わせて39便が運休となりました。

高速道路の通行止めは現在は解除されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加