ホンダ・CBR250RRを契約して約2ヵ月! やっと愛馬が納車されたどー!

ホンダ・CBR250RRを契約して約2ヵ月! やっと愛馬が納車されたどー!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/10/17

アラフォーにして普通自動二輪免許を取得し、HondaのスポーツバイクCBR250RRを注文した筆者。待つこと約2ヵ月、ついにバイクが納車されました! 今回は納車前準備から納車、そして初公道デビューまでをリポートします。

No image

購入店舗(Honda Dream新宿)で愛車とご対面!

バイク納車の前にやっておきたい駐輪場契約

納車前に頭を悩ませたのが駐輪施設です。バイク購入にあたり車庫証明は必要ないものの、歩道に置けば「緑のオジサン」に赤い駐禁シールを貼られ最大1万円の反則金を納めなければなりません。自宅(マンション)に駐輪施設はなく、月極の駐輪場を探すことになりました。そこで「日本二輪車普及安全協会」のサイトで月極駐車場を探し、あることはあるのですが、サイトを見ながら管理会社に電話すると「満車です」というつれない返事ばかり。その中のひとつ「バイクパーク」という管理会社から「ココはどうでしょう?」という提案を受け、そこを借りることにしました。

No image

駐輪場検索に便利なバイクパークのホームページ

バイクパークの場合、電話したらすぐに使えるようになります。その後、メールで「日割り金額&翌月と翌々月の賃料、保証金(賃料1か月分)、手数料(賃料1か月分)」の請求書が届き、3日以内に振り込まなければキャンセルする旨が伝えられます。契約書書類は後日届きます。ちなみに毎年契約月に更新料として半月分が加わるそうです。

No image

筆者の駐輪場初回振込請求書

筆者の場合は駐輪場の賃料は月額8000円。ちなみに任意保険が月額7000円前後ですので、毎月1万5000円がバイク所有にかかる最低金額となります。金額以上に問題なのが自宅から駐輪場まで約1kmあること! まったく気軽に乗れないので、現在も近場の駐輪場を探しています……。

ついに我が家にやってきた愛馬「CBR250RR」

No image

筆者の愛馬となるCBR250RR

納車日は9月18日の午後となりました。ヘルメットやグローブを持って入店すると、入口付近にナンバーがついた筆者のバイクが! 今回のモデルチェンジで採用されたゴールドのホイールが、キンキラキンにさりげなく光っています。

No image

机に並べられた引き渡し時の資料

車両の引き渡しの前に、色々な書類の受け取りと説明がありました。マニュアル、メンテナンスノート、自賠責保険の何やら、任意保険の何やらと、意外と書類が多くて驚きます。

No image

軽自動車登録済証。いわゆる車検証のようなものだ

No image

自賠責保険の証書。これがないとナンバーは貰えない

No image

メンテナンスノート。この中にメーカー保証書が含まれている

No image

メーカーの保証書。2年間有効

No image

Honda Dream店の保証書。こちらは1年有効で、メーカー保証と合わせて3年保証が受けられる

No image

Honda Dreamの補償内容

No image

メンテナンスノートの中身。ここに点検内容を記載する

No image

メンテナンスノート初回点検のページ

No image

Hondaオーナーズクラブの会員証など

No image

ショップの盗難保険。なお、この保証書はHonda Dream新宿のもの。店舗によって異なる

No image

警察の防犯登録(グッドライダー防犯登録票)。車両に右側のシールを貼る

No image

Hondaが発行するオートバイ教本「Hondaセーフティライディングガイド」

No image

Hondaセーフティライディングガイドの中身

これらは車両の関係上、バイク内に納めることができず、別途デイバッグが必要になります。ちなみにいくつかサインは書きますが、押印・捺印の必要はありません。これらの書類は、すべてバイクに入れておくべきなのですが、CBR250RRは収納がほとんどないため入れることができません。よって後日「軽自動車届出済証」「自賠責保険証明書」「任意保険証明書」の3点をコピーし折りたたみ、袋に入れてピリオンシート(パッセンジャーシート)裏にあるゴムを使って格納しました。

No image

ピリオンシート(パッセンジャーシート)を取り外して車検証関係書類を入れようとしたところ。物理的に入りません

No image

ピリオンシート(パッセンジャーシート)の裏にはゴムが用意されている

No image

ピリオンシート(パッセンジャーシート)裏のゴムを使って、必要書類を防水性の高い袋に入れ、かつ折りたたんで収納した

バイクの基礎知識から学ぶ

No image

バイクを見ながら使い方を学ぶ筆者

続いてバイクの使い方の説明を受けます。まずは油脂類やタイヤなどの消耗品についてから。Honda Dream新宿の山本店長の話によると「エンジンオイルは慣らし運転中は500kmで1回交換、次に1000km目でフィルターとオイル交換で慣らし運転は終了。あとは1000km毎に交換するのがオススメです」とのこと。ちなみにマニュアルによると6000km毎交換との記載がありますが、スポーツ系車両ゆえ早めの交換がよいのでしょう。油量は2リットルから3リットル程度と少量なのですが、内心「高頻度で交換させて工賃で儲けるのかな」とも。

すると「私たちの店で購入されたお客様からはオイル交換の工賃は頂きません」というから驚き。さらにエンジンオイル持ち込みの場合でも「廃油処理費用のみはいただきますけれど、油を持ち帰られるならその金額は必要ありません」と笑顔。これでお店が成り立つのかと心配になります。このサービスはHonda Dream各店舗によって異なります。

No image

タイヤは皮むきもされていない、とても綺麗な状態であった

タイヤは1万kmが交換の目安とのこと。純正装着品はダンロップのSPORTMAX GPR-300というモデル。クルマのタイヤに見慣れると溝の少なさに驚くのですが、さらに「皮むきしていないので、滑るから気を付けてください」との注意を受け、筆者はすでにタジタジ。

No image

メーターは電子式。Confortのほかに2つの走行モードを用意する

No image

車体にはスロットルバイワイヤシステム搭載を示すデカールが貼られていた

車両は、キーを回して右手親指のボタンを押すと、エンジンがかかります。結構忙しいのが左手側で、親指でウインカーにホーンボタンを操作。そのほか、LAPタイム計測スイッチやらMODEスイッチなどがあります。走行モード切替はクルマではおなじみの機能ですが、CBR250RRは250ccクラスとしては初となる(Honda調べ・2017年4月時点)スロットルバイワイヤシステム(電子スロットル)の採用で実現したとのこと。標準のSport以外に、レスポンス重視のSport +、乗り心地重視のComfortという3種類が用意されています。ちなみにSport+やComfortのモードでエンジンを切っても、再始動するとSportに戻っていました。

驚いたのはクルマと違い走行距離が0kmであったこと。クルマの場合、新車でも数十kmは回っているものですので、まさに「ここから俺のバイク生活が始まるぜ!」という気分になります。

マイバイクで初公道走行に挑戦!

No image

初めての公道へ向かう筆者

バイクを運転するのは教習所の卒検以来半年ぶり。なにより二輪で公道を走るのは人生初体験。なぜなら二輪は路上教習がありませんからね。そんな初の公道走行を新車、しかも見た目に速そうなバイクで走るのですから、不安しかありません。「乗る前に後方確認。続いてミラーを合わせてから、スタンドを上げてエンジンを始動。ギアを1速に入れ、後方確認して、半クラッチにして……」と教習所で習ったことを思い出しながら、ドキドキの公道デビューをはたしました。15km/hを超えたあたりで2速へ、30km/hを超えたあたりで3速へシフトアップ。普段AT車に乗っている身としては忙しい限り。MTの普通自動車よりもせわしなさを感じます。一方で、MTの四輪よりはラクに感じます。幸いなことにエンスト祭を開催してクラクションの嵐にはなりませんでした。

加速すれば当然減速もします。これが想像と異なり、ブレーキが効かないことに胆を冷やしました。オートバイに乗る人からしたら当たり前に思われるでしょうが、シフトダウンしエンジンブレーキと併用しながら速度を落とさないとダメ。ATの自動車感覚でブレーキをかけて、白線オーバーを何度かやらかしてしまいました。

シフトダウン時のショックは思ったより少なく、クラッチレバーがとても軽いので操作も簡単。これがアシストスリッパ―クラッチの効果なのかもしれません。あと教習車よりニュートラルに入れやすいように感じました。

No image

走行中の様子(ヘルメット搭載カメラより切り出し)

「念願のバイクに乗っている」という感慨よりも、忙しさと恐怖が勝ったのが正直なところ。幸いなことに帰り道が渋滞だったので、キープレフトの法定速度以下で走行します。何台もの車やスクータータイプのバイクに追い抜かされ、きっと「見た目速そうなのに、何チンタラ走っているんだよ」と思われても気にしません。教習所では一瞬40km/hを出した程度なのですから……。

No image

給油中の様子。レギュラーガソリン対応なのですが、初めてなのでハイオクを給油

入っていたガソリンが少量だったので、途中セルフのスタンドを見つけて給油します。CBR250RRはレギュラーガソリン対応車ですが、初回は贅沢にハイオクを入れてみました。クルマの場合、満タンになると自動的に止まりますが、バイクは止まってもまだ入る様子。どうやら継ぎ足し給油をするようです。給油口の閉め方に戸惑いつつも、なんとか初めての給油完了。ガソリンは10リットルほど入れました。

No image

筆者のCBR250RR

バイクは、教習車だった「CB400 SUPER FOUR」しか知らないのですが、音や振動はCBR250RRの方が明らかに大きいのですが、それでいながら心地よいもの。そして車体が軽量かつ幅も狭いため、取り回しがよくラク。教習所で散々言われた「ニーグリップ」もカンタンです。CBR250RRはハイスペックなバイクなので扱えるか不安でしたが、総じてとてもフレンドリーに感じます。一方、カウルがあるためか、思ったより小回りが利かず、駐輪場などの切り返しでは、四苦八苦しました。

初めてのバイク走行も事故なく、無事帰宅し一安心。翌朝から空いている都内で、公道走行の練習をしております。

No image

朝5時の東京駅とCBR250RR

次回は安全運転を誓った話をしたいと思います。

■関連サイト

Honda CBR250RR

栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加