ドラマ『竜の道』最終回、見どころは?玉木宏&高橋一生がコメント

ドラマ『竜の道』最終回、見どころは?玉木宏&高橋一生がコメント

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/09/14
No image

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(C)関西テレビ

もっと画像を見る
15日に最終回を迎えるドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)。同ドラマに主演する玉木宏、共演する高橋一生がそれぞれコメントを寄せている。

養父母を死に追いやったキリシマ急便社長・霧島源平(遠藤憲一)への復讐を企てる双子の竜一(玉木)と竜二(高橋一生)の23年間にわたる物語も、ついに15日、クライマックスを迎える。宿敵・源平を追い詰める手段を失い、ライター・沖和紀(落合モトキ)には正体と過去の秘密を突き止められてしまった竜一は、竜二や妹の美佐(松本穂香)を守るため、単独で暴走していく。一方、竜二は運輸業界日本一を目前にしたキリシマ急便に対して驚きの手段を講じていた。

ここまで、裏社会の道を歩む竜一と国土交通省の官僚として表の道を行く竜二を演じてきた玉木と高橋。玉木は、自身演じる竜一について「長男だからこそ、竜二や美佐を守らなければという気負いがすごくある人だと思います」とした上で、「竜二はアクセルを踏みながらブレーキもかけているような印象があって、色々と頭を働かせながら計算高く生きていけるところは双子であっても違う部分だと思います」と、双子とはいえ兄と弟で違う2人の性格についてコメント。

一方、高橋は、「表の道を歩み、正攻法で潰してやろうと考えている竜二に反して、竜一はどんな手を使ってでも復讐してやると考えています。竜二には『人を殺す』という概念がないから、まさか竜一がそんなことをしているとは思わないという感覚があったと思います」と、中盤にかけて徐々に明確となっていた竜一と竜二のズレについて、竜二の目線から解説。「人間は、一線を越えてしまうと次は楽々と乗り越えられてしまう生き物だと思うんです」とした上で、「そういったズレやブレを乗り越えて、再びフォーカスが合って、『やるぞ!』となった2人の姿を楽しんでもらいたいです」と、最終回の見どころを語った。

撮影にあたっては新型コロナウイルスによる中断も挟んだが、玉木は「よくぞここまでちゃんとゴールを作ってくれましたという印象です。第1話の冒頭が、最終話にしっかり繋がっています」とコメント。「すごく完璧な兄弟だったら、この復讐劇はすぐ終わってしまっていたと思うんです。でも、竜一も竜二もイチ人間だからこそ、もがき、苦しみ、失敗しながらようやく源平にたどり着いた、というところがこの作品のキモだと思います。復讐をする側もされる側も生身の人間で、そんな人間同士がぶつかりあう物語の結末に、最後までぜひご注目ください」と呼びかけた。

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加